νは

中等学校から学業やエッセイ
検索学業

第二次世界大戦

トピック: 歴史戦争
| 詳細

1.戦争の勃発を説明してください。

*第二次世界大戦は、いくつかの点で第一次世界大戦の継続だった。 戦争の勃発は、戦間期の後に来た。 それは彼のモットーは、国、国家と指導者だった、大規模な金持ちにそのドイツを拡大して増殖するために通って第二次世界大戦に戦争の勃発を始めたヒトラーのドイツだった。 ドイツはそれは彼らが非常に驚いていたので、ドイツ人は航空機や戦車で迅速にポーランドを攻撃した、いわゆる電撃戦だった年1939年9月1日にポーランドを攻撃した時、何が本当に戦争を勃発。 すでに4週間後ドイツはポーランド軍の上に勝利したのと同時に、ソ連はポーランドの東側に行進した。 それでは、ポーランドはソ連とドイツの間で分割されました。 9月3日、英国とフランスがドイツに宣戦布告し、第二次世界大戦を開始した。

2.フィンランドの冬戦争はについては何でしたか?

*フィンランドの冬戦争はソ連程度であった30年間そこに海軍基地を持つために1939年10月におけるフィンランドの地峡の部分を望んでいた。 彼らはまた、湾の一部離島を望んでいたが、フィンランド人は、朝11月30日のようにこれに同意することを拒否し、ソ連はフィンランドを攻撃した。 ロシア人はフィンランドの都市を爆撃し、教師は避難所にみんな興奮し、学生を取得しようとしました。 それは冬だったとするので、我々は冬戦争と呼ばれる冬の機器の多くを使用しました。 フィンランド人は3ヶ月のソ連軍から身を守るために管理され、その後フィンランド人は平和を得たフィンランドの防衛事務所を通じてソ連を破ったが、彼らは、彼らが実際に1939年に年だったよりも、ソ連へのより多くの領域を残していた。

3.ノルウェーとデンマークの職業について簡単に教えてください。 ドイツ人はノルウェーとデンマークを占領した理由も含まれる。

これは、ノルウェーとデンマークを占領ドイツ人だったが、最初からそれはちょうど彼らが簡単に問題なく鉄鉱石を輸送することができるとノルウェーを占めるそれらに意図されたが、私は、彼らがさえなければならないように、彼らはまた、デンマークを占める可能性があることを、それらを考えたその鉄鉱石のためのより良い輸送ルート。 ドイツはポーランドを攻撃した同じ日には、中立デンマーク自身を宣言したので、彼らは(それは出荷が使用する海域だ)航路で地雷を敷設。 1940年4月8日もある英国の地雷を置く、その後ドイツ人が北側の大艦隊を送った後、彼らは、彼らがより簡単に自分の国にドイツ軍に勝つことができると考えのために後退し、英国艦隊を運転した。 しかし、ドイツ人は英国人に対してなっていなかったが、彼らはノルウェーに行くだろう。 一方、ドイツの兵士がドイツ人は手術Weserübungのために、この攻撃と呼ばれる、デンマークの国境を越えて行きました。 4月9日、携帯電話はコペンハーゲンでデンマークの外務大臣で鳴った、それはドイツの特使は、ドイツがデンマークを攻撃し、彼らが英国に対してそれらを保護することができるようにそれらを占有しようとしていたと言われていました。 ドイツの特使は、デンマーク人は抵抗をあきらめない限り、彼らはコペンハーゲンを爆撃すると述べた。 その後、デンマークをあきらめ、それらはドイツによって占められていた。 真夜中に固定された同じ日には、オスロ、ベルゲン、トロンハイム、ナルビクとクリスチャンのノルウェーの港湾都市以下のドイツを攻撃した。 数時間後、ドイツの大使とノルウェーは、ドイツがそれらを占領していることを受け入れるだろうと述べた。 その後、ノルウェー政府は言った: "我々は、自主的に与​​えていない戦いがすでに実行されている。「この戦争中オスロ、スタヴァンゲルに飛び込ん初めてのスカイダイバーのために使用された。 戦争の62日後にノルウェー人は与えなければならなかったし。 ノルウェーの王と彼の家族がイギリスに逃げた、英国の側に渡った多くの "普通の"ノルウェー人もあった。 だから今ドイツはスウェーデンからの鉱石のための安全な輸送ルートを持っていた。

4.第二次世界大戦中にスウェーデンの役割について教えてください。

スウェーデンは第二次世界大戦中にドイツ人のために非常に重要な役割を持っていた、と彼らはドイツに輸送することができること鉱石がたくさんあったので、ドイツは第二次世界大戦中にスウェーデンを占領しているならば、彼らは英国の飛行機で鉱石鉱山を吹くだろうと心配。 そのため、スウェーデンは、彼らが自宅でとにかく戦争でなかった、第二次世界大戦中にかなり良い時間を過ごしました。 スウェーデンはまた、それ自体は中立宣言していたが、1つは確かであることができなかったので、ドイツ人は、他の回でそれを無視していた。 さらに、スウェーデンを通じてドイツの電車では、ドイツ語に発送しますようにスウェーデンの領土に渡すとしなければならなかった。

5.ダンケルクでの奇跡は何でしたか?

ダンケルクは、フランス北部(英仏海峡)に位置港町です。 ダンケルクでの奇跡は、ドイツはフランスに対する彼らの攻撃を開始した時だった。 ドイツ人は第一次世界大戦のように、フランスに到達するためにベルギーを行進したが、今にもオランダを介してそれらを歩いた。 彼らは、フランスが強力な防御を構築していたもののためにドイツ語 - フランス語の国境上に行く勇気がなかった。 これはフランスの準備ができていなかったとドイツの戦車が進められ、約100万のイギリスとフランス軍を囲まれ、ドイツ人はフランス語と英語チャンネルに対するイギリス押さので、彼らは、ドイツの国境で、ほぼすべての彼らの防衛を持っていた。 彼らが達したときにダンケルクは、ビーチでのすべての兵士を群がった。 英語の政府は、彼らが、約45000人の兵士を救うことができるようにボートを送信しようとしました。 しばらくして、誰かが船を持っていたすべての人が避難を支援するだろう(兵士のために開催され、教会のサービス中)に代わって入った。 ダンケルクでのドイツ人からの連続空爆の間、338226兵士に家を持って来ることができた。 それはできるだけ多くの兵士を救出するために管理ので、そのためには、ダンケルクでの奇跡と呼ばれている。 ドイツ人はパリに続けたので。

6.バトルオブブリテン何だった、とポイントは何でしたか?

ブリテンの戦いの意味は、ヒトラーが大きな絶賛されていたし、彼はフランスを破っていたので、彼は今、それだけで、英国と思った時に、他の反対者のためのより「危険」となって、彼は基本的に彼は(すべてでは何を望むかしていたということでしたヨーロッパでは例)「一国」。 英国は非常に良かったので、それらの航空機はドイツ人が離れて空気の防御をどうやってでの空気に回転する。 ドイツの計画は、英国の航空基地や航空機産業を破壊するために、その後イギリス海峡での兵士を攻撃することでした。 そして、彼らは英国空軍を鎮圧しようとした。 ヒトラーは、我々は簡単に戦争に勝つことができると信じますが、ドイツのパイロットは、彼らが英語の戦闘機スピットファイアを見ていたより心配していた。 彼らはいくつかの大都市のビットを爆撃し、ヒトラーは彼の計画を取り戻したものの、英国は、ドイツの空襲に耐えることができた。 英国はドイツの偉大な力に抵抗するために管理していた。 支配した英国の新首相に: "決して前に歴史の中でそんなに感謝するので、いくつか非常に多く持っていた。「それらはこれらの言葉は有名になってきた。

*第7回 バルバロッサ作戦を説明してください。 (また、ヒトラーはソ連を攻撃した理由を取る)。

バルバロッサ作戦、ソ連にヒトラーの攻撃ではなく、ドイツとソ連の間の戦争だけがドイツ初の攻撃。 この攻撃は、4年間の長期戦につながる。 これは、第二次世界大戦中に流血戦争だったのは約30万人が(合計は、第二次世界大戦中530万ドイツ兵を殺した)約430万ドイツ兵があったここに死んだ。 当初から、ヒトラーとスターリン(ソ連指導者は)お互いを攻撃しないように協定に合意したが、それはヒトラー6月22日1941年ヒトラーは、彼が話したように、彼は「彼らの "ドイツ人(生存圏のためのより多くの部屋を望んでいたという理由だけで、ソ連を攻撃破っ)すべての彼のスピーチであれば、彼はまた、すべての石油、鉄鉱石、穀物で取得したい、そのためには、ヒトラーは、彼がソ連によってそれらを取るつもりだった英国の上にすべてを入れていませんでした。 ヒトラーもドイツ人が良いだろうと東ヨーロッパに住んでいたすべての人々が彼らの奴隷になるだろう、彼はすべての中東諸国を征服した時、彼はより強力になるだろうと思った。 ソ連はまた共産主義だったヒトラーは、彼は、彼らが彼を破壊しないことができるようにすべての共産主義者を削除したかったので、共産主義者とユダヤ人が敵と思っていた。
ヒトラーはイタリア、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリアからの助けを受けた。 彼はまた、彼らは国を占領していたことソビエトを転覆したかっFinnlandの助けを受けた。 ユーゴスラビアは「英国にやさしい「政府は、ドイツを助けることを拒否受けていたので、ヒトラーがそれらを占領したとき、彼はまた、ギリシャやクレタ島を占領した。 早朝1941年6月22日、ヒトラーは自分の戦車と兵士とソ連の国境を越えた。 爆撃機は、計画は彼らが爆撃された持ち上げることができたとしても前に、ソ連の空港を攻撃したので、彼は、さえ電撃戦を作ってみました。 ドイツの計画では、冬が来る前に、モスクワ、レニングラードとウクライナを征服することでした。 この戦争では約3.4万人の男性、つまり、彼の兵士のドイツ67%を使用しています。 初めに、戦争は、10月にドイツ人がモスクワに大きな教会や城を見ることができ、続けた。 ドイツ人はこれまでのところ非常に成功した、控えめに言っていた、ソ連の兵士は全く驚きましたし、多くが死亡または投獄された。 今、ドイツは、彼らが簡単にソ連を引き継ぐことができると思ったので、ドイツ人は利益を象徴する細かい瞬間や彫像を構築するために国境を越えて石の多くを運ぶようになったモスクワに非常に接近していたことを。 しかし、それはモスクワの外に、ロシア人は日本からソ連を守るために東にあったが、スターリンは、彼らが攻撃するとは思わなかった巨大な軍隊を獲得した、実現しなかった。 だから今、ドイツはかなり重い抵抗していたとレニングラード、彼らは全くうまく行っていた。 レニングラードでは300万人を死亡した。 また、ソ連の冬になっていたとヒトラーは冬が来る前にドイツ人が勝つと信じていたので、彼らは冬のために装備されていないが、ソ連の兵士は良い冬のギアを持っていたし、彼らは彼らと厳しい冬に慣れた。 ドイツ人はソ連とモスクワを引き継ぐことができたことはありません。 しかし、それは冬だったという理由だけではありませんでした。 ドイツ人は持っていたので、モスクワに向かってそのようなラッシュは困難家庭の接触を持っていたし、ロシアで最も道路は砂利で作られていたし、それが雨が降った時にそれが駆動するのに泥だらけの道路や困難になったので、それはどこに食べ物や新しい兵士を取得する大変でした。
彼らはスターリンのリーダーシップの疲れていたので、最初、ヒトラーは、彼らの側にソ連の人口があった。 母集団として解放者としてヒトラーを検討した。 彼は民間の人に対して追加のハード上で行って、スターリンは、新しいスピーチを開催し、再びスターリンへの人口を歩いたので、その後ソ連を保存するために管理として、それはヒトラーになりたいしませ​​んでした。 スターリンはまた、その宣伝をベースなど 右にこの絵。 私は彼がロシアの冬のこと、おそらく彼らがされている可能性が一部でもう少し考えて、冬のギアに送信した場合にのみ、ヒトラーのドイツがソ連を引き継ぐことができたかもしれないと思う。 彼らはスターリンを転覆するのを助けることができるように、彼は一般市民に対して「よりよい」であったなら、彼はまた勝った。

8.なぜ日本人がハワイの米海軍基地を攻撃した? 何がこの攻撃につながった?

彼らは日本は、彼らが中国を攻撃するために計画されたように、ドイツの同盟国は、その領域を拡大したかったので、ドイツはいつでもソ連を引き継ぐだろうと思ったからといって日本人がハワイ(真珠湾)の米海軍基地を攻撃した。 しかし、彼らはそれらを防ぐことができ、米国のように長くできなかった。 それは長い海洋の日本と米国の間にはほとんど乱闘していた。 日本人は彼らが邪魔に真珠湾を得ることができれば、彼らはそれが簡単に中国を引き継ぐために見つけるだろうと思った。 1941年12月7日では真珠湾に対して飛行奇妙な機体が来た。 誰もが石灰岩でこれを取らなかったし、すぐにいくつかの飛行機が来たとパールHarboに爆弾を落とした。 これはallierandesに入り、ドイツと日本を転覆助けたかった米国につながった。

9.ノルマンディー上陸作戦について簡単に教えてください。

1944年に、西と占有ルーマニアでは10万人の男性、ブルガリア語、ポーランド東部およびバルト諸国によるソ連を攻撃した。 スターリンは1つが2方向からドイツを攻撃するだろうと思った。 パラシュートを上陸させながら(またDデイとして知られている)1944年6月6日ので、フランスに米国と英国からの軍隊で4000船を来て、24時間後にフランスの海岸に25万男性があった。 彼らは、ドイツ人は攻撃に抵抗するための機会がなかった、ノルマンディーに入った。 6ヵ月後、ドイツの地でイギリスとアメリカの軍隊。

10.ヨーロッパでの戦争の終わりについて教えてください。

第二次世界大戦はここに​​非常に多くの死亡した後、それぞれの国でどのように多くのテーブルです:
1が見ることができるように、これは非常に血なまぐさい戦争だった。 合計で約2900万軍人が殺されたありました。 全体的には、約66万人だった。 ヨーロッパでの戦争の終わりには、西から1945年に開催されたイギリス、アメリカ人とドイツで、東からるフランス語の侵略は、彼らがソ連から来た、彼らはドイツに行進し、ドイツはほぼすべての防衛を取っていたので、それはそれを楽しみにかなり速い行きました彼らの電撃戦とソ連に対して大きな戦争。 ヒトラーはまた、彼は彼が本当に持っていたよりはるかに多くの資源を持っていたと信じていた。 ドイツヒトラーに対するこの攻撃は非常に大きなミスをした中で、彼はこのように多くのドイツ人のために台無しにされるであろう、後退することを拒否し、彼らはそれがはるか​​に困難を見つけるだろう。 ソ連は東からハード押され、そしてそのように西から他人をしました。 1945年の春にアメリカとソ連のドナウ川から兵士に会った。 ヒトラーはベルリンでの彼のバンカーに隠れていた、彼は戦争を失うことを約あったが実現し、彼はバッキングとの弱さを示しているために必死だったと彼はrysarnaたいと思わなかったか、アメリカ人が彼の体になるだろう。 だから、4月30日に、彼は毒を食べることによって彼のバンカーで自殺した。 ヒトラーの例に続き、また自分自身に結婚や頭の中でのショットのいずれかで自分たちの生活を取った多くの兵士がありました。 すでにヒトラーが自殺した後の週は、ドイツを降伏し、すべての兵士が火を開くことはない魅了。

*第11回 戦後ドイツ、ベルリンに何が起こったのか?

彼らはそれがハードだ、「純血」ドイツ人は第二次世界大戦中にそう難しいことではありませんでしたが、それは唯一の終わりに向かって以降だった。 戦後、それはドイツの日本酒はどん​​な軍隊を持って取得することを決定した。 第二次世界大戦後は西ドイツと東ドイツにドイツを分けた。 西ドイツは、その首都としてボンを持っていた。 西ドイツはまた、ドイツ連邦共和国と呼ばれた、英国、フランス、米国はドイツのこの西部の上決定した、こちら側に新たな社会と経済を構築しようとした産業がうまくいった。 一方、また、ドイツ民主共和国とドイツのドイツ民主共和国(DDR)と呼ばれる東ドイツにわたってソ連を決めた。 東ドイツの首都は東ベルリンだった。 また、それはベルリンを共有することが合意された、ロシア人はベルリン、フランス、英国、米国の東部は西部を受けました。 それは、西と東ドイツの間で国境を越えることを禁じられ、まだどこにも境界線の間にはフェンスが一部だけの場所ではなかった、といくつかの小さな方法(例えばリューベックで)で、その単板の穴にもありませんでした彼らは東ドイツに入った。 それは、1962年8月ベルリンの壁13を建てベルリンで悪化していた、それは上と壁が少しダウンして国を経て長いフェンスた後に有刺鉄線と2メートル高い壁だった。 DDRは、それはそれを作っていたということでした。 それは、絶対にロシア人が決めていた、東ベルリンと西ベルリン間の国境を越えることを禁じられた。 ベルリンの人々の東側にそれははるかに困難食べ物を取得しなければならなかったし、自分の意見を持つことができない人のために、どちらかロシアの共産主義者ではない、実際にそれらもが好きだった。 境界は非常に重く東側に守られた。 ウォールを横断しようとしたと多くはソ連軍に射殺された、多くの人がそのような貧困の中で、食品なしで生きて持っていません彼らに、西側に子供たちの上に投げることを試みた人は非常に多くのがありました。 1989年11月9日には東ベルリンでは、彼らはベルリンの壁を襲撃ので、もはやこのような生活をするようにしたことができませんでした。 ベルリンの壁が崩壊する前に、人々は反抗していたいくつかの非常に厳しい日があった。 壁の崩壊は、第二次世界大戦後のヨーロッパで最大のイベントの一つとして分類。 壁の崩壊に付属しているもう一つは、彼らは例を所有していたすべての土地を失ったソ連、だった ポーランドとロシアは再びなった。 戦後ドイツに起こったもう一つのことは、彼らが戦争中に占領していたすべての国を失い、オーストリアが独立したということでした。 戦後も強制収容所と恐ろしい真実にされていたすべてのユダヤ人が世界に出てきたallierandeを発見しました。 起こったもう一つは、ニュルンベルク裁判は、彼らにドイツのナチスの指導者、ドイツの敗北の後に自殺を取っていなかった人が少なくともそれらを取ったということでした。 ニュルンベルク裁判は11月に1945年に始まった。 これらは人類、ユダヤ人のため、絶滅に対する罪で有罪判決を受けた。 合計22作品を宣告し、それらの12は死刑を宣告された。

*第12回 ユダヤ人の絶滅について教えてください。 どのようにナチスドイツは600万人のユダヤ人を殺害に成功しただろうか?

ユダヤ人の絶滅は、私は、これは物語の中で起こった最悪のものの一つだと思います。 初めに、ナチス小さなユダヤ人のためのゲットー、そしてそこには、それは食品と悪かった、多くが病気になったので、亡くなった人の多くがあったのは、ユダヤ人のように絶滅に属していた。 その後、強制収容所が来て、それは、ユダヤ人のために最悪だ。 どのようにそれをした。 まず、ユダヤ人として非常に劣悪な条件の絶滅と集中収容所の下に列車で送られた。 それは、彼らが送信された通常の列車の客車ではなかったが、それは人とし、1コーナーに詰められたワゴン、にあった。彼らは彼らのニーズをするだろうことを薄い立った彼らはまた、いくつかの水へのアクセスを持っていたが、時には行きましたので、それはあまりありませんでしたそれら2〜3日で終了した可能性がほんの少量の水で一気に(強制収容所のほとんどがポーランドに位置していたので、それは長い間、このかかった)5日間。 多くのがあったので、古いまたは病気だったユダヤ人たちは旅行中に死亡したと、彼らは強制収容所に到着したときに動作しないことができる人、弱いと病気は絶滅収容所に直接行かなければならなかったし、ガス処刑生きているか死んで燃焼させることが、もともとショットになるようにそれらをソートしたあなたがそれらを殺すが、それは、効果的ではなかった。 その後、死んだ髪や宝石の世話をしていたユダヤ人だった。 健康で好調に推移しました人々は、彼らは非常に懸命に働く必要があった強制収容所、沿いに位置する工場で仕事をしていた、彼らはとてもとても食べないようでした。 研究の人々を試みたが、多くが拷問されたと間違って何かを働いたか、なかった人が撮影された、捕獲された多くの人々もあった。 ユダヤ人は人の山にそれらを置くために、また何墓地なかったし、次に多分彼らは大きな山にそれらをすべて埋めた。 それはあまりにもすべてこの仕事とので、少しの食品拷問だったkoncentrationslägrarnaで、それ自体の拷問で非常に一般的でした。 多くは、出力のため死亡したか、餓死。
ユダヤ人は、彼らが反乱を試みたができるように警備員よりも多くの人だったので、あなたが思うだろう、彼らに言っても過言ではありませんでしたが、彼らはすべての作業の後に弱く、警備員が武装していたとさえ彼らの処分で、いくつかの犬を持っていた。 この困難な時期を生き延びてきたけれども、それが見られると聞いてきたユダヤ人たちは、私はそれは彼らが好調だったので、彼らは非常に遅く強制収容所に来たので、彼らは幸運持っている唯一生き残っていると思います。
しかし、どのようにこれは実際に起こったのだろうか? このすべてが起こる可能性が理由の一つは、ナチスが小さなステップでそれをやったということでした。 まず、nervärderaユダヤ人と多くのユダヤ人殴打されたと所有の店はそれらが壊れて持っていたユダヤ人でそれを起動します。 彼らはユダヤ人のゲットーで開始して以来。 次に来た強制収容所とナチスが、非常に離散することを求め、それはおそらくまた、おそらく彼らはそれが人々と非常に多くの貨物列車を運転したすべての工場と同じように明らかにしたくないので、すべての強制収容所はポーランドに位置していた理由の一つだったが、それは彼らがポーランドでの強制収容所があったのでばかりでしたが、あなたは強制収容所の玄関口に直接囚人を実行できるように、ポーランドの鉄道は非常に広げた。 そして、そのようにすべてのキャッチでかなり遠くまで行く必要はありませんでした。 もちろん、ドイツの一部の強制収容所でもありました、とりわけ、 ハンブルク外に。 彼らは安全な列車を見て、それは彼らがクラッシュしないようにレールから他のすべての列車を削除することを余儀なくされた、それは、ユダヤ人の絶滅と、この非常に控えめではなかったが、何が起こっていたか知っていた多くのドイツ人がいました。 ここでは、あまりにも、私は宣伝が大きな意味を持っていたと思います。 ヒトラーはユダヤ人を嫌いに彼らに多くのドイツ人を与えていた、彼は、彼らが対戦相手として見えた。 死んだように多くあったことを、私はほとんど考えて、彼らが弱いと病気のそれらを整理し、多くの直接殺したので。 多くは、おそらくハードワーク中に死亡していたが、彼らはもっと多かった場合、彼らはそれを破る可能性があるため、彼らはタフな仕事としてではなかったかもしれないが、食べ物はまだ十分には特に良いではない、それは確かにも狭く、より病気になったが、私た彼らは初めでそれらを整理していなかった場合は、もう少しは生き残っただろうと思います。

*第13回 なぜ米国は日本に対して原爆を使用? また、「爆弾」を使用する権利または間違っていたかどうかについて考える。

米国は日本に対して原子爆弾を使用するのは、彼らは基本的にはすでに戦争に勝っていたが、実際には必要ではなかった。 米国は、日本が持っていたすべての小さな島に周りに行きたくなかったので、彼らは彼らが一度に多くを爆破すると、彼らは代わりにすべての島に行き、おそらく少数の兵士を失うの直接後退ので、日本人の恐怖を得ることができる考​​え出した。 日本はまだ約200万戦闘準備ができて、男性と米国のために多くの費用がかかる米国からの攻撃を離れていたので、彼らは最善の解決策としてこれを考えた。 アメリカ人はまた彼らがいた、彼らは世界最強であったことをどのように強力な見せたかった。 彼らはまた、彼らはこの戦争でそのような強力な武器を使用するためにあえてことを示したかった。 私はまた、アメリカ人は戻って真珠湾日本の攻撃に与えたかったし、アメリカ人をあきらめた場合、あなたは全体を取り戻すことを示したかったのだと思います。 これらの場面で原爆が戦争で使用されていることを、これまで最初で唯一の時間です。 1945年8月6日は、長崎の街のため、August 9例爆弾の後の広島と大3日の日本の都市で最初の爆弾をリリースされました。 8月15日に、日本が降伏し、戦争​​は終わった。
私はそれは、米国が戦争で原爆を使用したことは非常に間違っていたと思います。 米国があったので/偉大な力は、彼らが最初に爆発した原子爆弾をプッシュするのではなく、足の兵士で攻撃することができて、多くの命を取る必要がありました、その後の原子力発電は空気Oに残り、少なくともどこにできるだけ多く、今日もありますあなたがそれらの領域内にある場合は、より簡単に癌になる。 私もそれは両方のヨーロッパや戦争でも、彼らは彼らでさえ彼らが原子爆弾の使用を作らなかった作ったために、その後も、日本に勝つために管理することにより、既にそれらを作ったために米国は、爆弾によって彼らの力を示すために持っていなかったと思います。 それは死ぬことがあることを余儀なくされたので、多くの無実の人々があったことも非常に間違っていた。 米国が最初に日本に警告し、彼らが、彼らは非常に多くの人々が死んでしまう、都市に原爆を落とすだろう降伏しなかった場合、言ったかどうかは知りません。 私はそれが戦争でそのような危険な武器や脳卒中のように多くのダイへのいかなる方法でも右だとは思わない、それはアメリカ人が思うのは本当に臆病だった。 IO SE固定、彼らは人々が最終的に静かだように、戦争はすぐに終わるだろうことを確保したかったが、伊佐ケースはそれはいくつかの兵士を失ったように、彼らは(どのように多くの罪のない人々に十分に行くと、彼らは方法でそれを行っている可能性があることはなかったと思ったこれもまた人間であるが、おそらく愚かな何も​​していたことがなかった人が死ぬしなければならないよりも、彼らはとにかく)の戦いと、おそらく彼の出生国のために死ぬか、彼らがロックすることを余儀なくされたし。 しかし、実際には、米国のようなそのような重く国に対する攻撃に行くのに十分な愚かだった日本だった。

14.原爆の影響は何ですか?

広島原爆投下における原子爆弾の間に直接129 000人が死亡、長崎の人々70,000枚を殺した。
原爆は、多くのエネルギーで構成され、エネルギーは、共有または共集合核から来ている。 実際の原子爆弾は、通常の爆弾以下で爆発していないが、それはその後です。 原爆のエネルギーが異なるフェーズに分割。 まず、エネルギーの40〜60%から成る圧力波。 爆風が爆風のほとんどを破壊するものであり、通常の建物は壊さずに圧力を扱うことができない、圧力が人々と死の近くにいる人のためにも大きすぎます。 圧力は、いくつかの毎時100キロの速度に達することができる。 次に、熱放射エネルギーの30〜50%から成る。 それはさらにそれを広げ、晴れだ場合、熱放射は、違ったので、それがある天候のスプレッド。 熱放射を使用すると、熱損傷を取得し、最悪の場合盲目になることができることを意味します。 エネルギー電離放射線のエネルギーの5〜10%の5%が放射性降下物である。 放射性降下物は、長い爆発の後に空気中に残り、それが吸入することは非常に危険です。 放射性降下物は、癌を得ることができます。 核爆弾で来ることができる最後の一つですが、EMP(電磁パルス)であるが、人間には無害ですが、それは地域で最も電気を打つ。 このように、多くの条件で危険な核爆弾が、それは多くを破壊する。

*第15回 なぜ第二次世界大戦を始め、どのようにそれが最初に関係している? どのような類似点と相違点は、二つの戦争の間に存在する? (例:西部戦線での違いは、1914年に比べ1940年には何でしたか?)

ヒトラーが自分の純血ドイツ人に、より生存圏を望んでいたように第二次世界大戦は、ちょうどそれが彼の人々に多くの電力とより多くの土地を望んでいたいずれかの国または誰かだった他の戦争のように開始した。 一つは、第二次世界大戦が最初の続編であると言うことができます。 これは、ドイツが多くを失い、それが戦間期の国々の間にはほとんどsmåspäntあったことを、第一次世界大戦が悪い終わりを持っていただった。 第二次世界大戦が始まったもう一つは、ナチスが第一次世界大戦の損失から復讐を望んでいたし、彼らはベルサイユ条約と非常に不幸だったということでした。 ヒトラーは、ドイツでの電源に来たとき、彼は最初に密かが、その後公に、大軍を構築し始めた。 英国とフランスは大きな新たな戦争がそう彼らはドイツの防衛を作成してみましょうたくなかったが、それはヒトラーの見解ではなかったので、彼は彼が取ると東の土地を征服することができように強い軍隊を攻撃したかった。 ヒトラーがポーランドを引き継いだので、彼は征服する前にたくさんのような、東にredounded チェコスロバキアは戦争のない、彼は再びイギリスとフランスの許可を得た。 しかし、ヒトラーがポーランドに入り、それを取った、十分にフランスとイギリスを行なったし、ドイツとの戦争を宣言したとき、
ここではいくつかあり、多くの類似点と二度の世界大戦の間に違いがあります:それは第二次世界大戦を始めたが、私は始めた第二次世界大戦をしたいくつかの原因があったこと、ドイツだったが、1は、それが戦争の瀬戸際の改装始めたドイツだったと言うことができるとその後、他のすべての国が心配して自分自身を装備するようになった(しかし、戦争が始まると原理はオーストリアの国王夫妻を殺害したときにはあった)となりました。
それは、お互いに戦ったとほぼ同じ国だった。 片側にはソ連、(第1および第2の内allierande中の協商)米国、フランス、他方では、(第一の終わりに協商に側面を切り替え)、ドイツ、イタリア、オーストリア(実際に第二の順序でカウントされませんでしたそれらは、他の第一)と東ドイツのすべての状態が)は、第1および第2の間の枢軸国の間に(中央パワーズを征服したのではなかった大きな国としてドイツ)、日本(に属していた。
ほとんど自明であるが、それは第一及び第二次世界大戦中に多くのことを惜しま起こった一つの類似性は、亡くなった人の非常に多くのがあったということでした。 最初は9906000枚の兵士と第二2500万兵士を死亡した。 第二次世界大戦は、はるかに血なまぐさいだったと、より多くの、私は中に死亡したいくつかの民間人があったことを(ほぼ一定)と思い、死亡し、それはおそらく、ユダヤ人の絶滅にほとんどだった。
米国はかなり臆病ですが、主要な類似性は両方の戦争で米国であるということです、彼らは絶滅の危機になるまで、彼らはいくつかの時点で助けていない、それらを停止します。 ドイツは、ボード上の米国市民との船舶を攻撃するまで、彼らはメキシコにメッセージを送信し、彼らが最初に米国に行って、すでに多くの人が死亡していた時助けた米国を、攻撃することが示唆されたときに第一次世界大戦は、米国ではなかった。 だけで第二次世界大戦ではなく、米国では、彼らは戦争を終わらせるために助けたものの、日本では、真珠湾を攻撃していたし、連合軍は勝った。
もう一つの類似性は、連合国/協商が二つの戦争に勝ったことを、ドイツは非常に多くを失ったということです。 (これらは第二中に行ったように)最初の間、彼の軍隊の大部分を持つドイツは、国を失ったし、賠償お金の協商の多くを余儀なくされた。 第二次世界大戦中、彼らはトータルの電力を失い、ドイツが分割しallierandeの制御下にあったし、第一次世界大戦後に差がある、ドイツはまだ自分自身を少し決めるが、他は全く電力をドイツ政府がなかった後にそれがあったので、ドイツを支配する力を持っていた、英国、フランス、ソ連とアメリカの政府、。 Efter andra världskriget var Tyskland två land: östtyskland och västtyskland, men efter första var det bara ett land.
På västfronten under 1: a världskriget hände det inte mycket, först gjorde Tyskland ett blixtkrig mot frankrike och gick i en båge genom Belgien som var neutralt (precis som i andra världskriget), sedan grävde man ner sig i skyttegravar och låg och sköt på varandra utan att komma någon vart. Men där emot under 2: a världskriget lyckades Tyskland med sitt blixtkrig och lyckades tvinga de franska soldaterna till havet där dem flydde till England i båtar.
Under andra världskriget hade Sverige en mycket större roll för vi hade tillgång till järnmalm och lät tyskarna transportera soldater och vapen upp till Finland.
Under andra världskriget var det på östfronten det hände mest, där var det blodigast och många dog där, det var Tyskland som startade kriget på östfronten genom att förråda deras och Sovjetunionens pakt att inte anfalla. Under första världskriget var det mycket rörligt på östfronten och det var mest Österrike-Ungern som slogs mot Ryssland.
Under båda krigen kom det en massa nya vapen som t.ex. första kom u-båten, kulsprutor, tanks, flygvapen och olika sorters gaser. Under andra världskriget hade det självklart alla dem här grejerna utvecklats, men under andra världskriget kom det även bazookas, V-2 raketer, eldkastare och atombomben som man såg hur farlig den kunde vara vid attackerna i Japan.

Egna tankar

Detta har varit ett roligt och intressant arbete att jobba med, jag brukar oftast tycka att vi får ganska lite tid på oss att jobba med något arbete men det här har vi haft alldeles gott om tid. Med det här arbetet har jag även tagit hjälp av min mormor och frågat hon lite saker, för hon föddes i Tyskland och växte upp under andra världskriget, det har varit väldigt intressant att lyssna på vad hon har haft att säga.
Andra världskriget är en av de hemskaste sakerna ja har hört om, alla dem här judarna som dog i koncentrationslägren. Vad hade dem egentligen gjort mot Hitler? Jag förstår egentligen inte hur alla människor lydde honom. Men att han själv hade samvetet att ta livet av så många oskyldiga människor, jag vet att han hade en psykisk sjukdom, men då är frågan ännu större hur kunde man lyssna på en man som är så sjuk. Det måste väl ha varit någon annan i hela Tyskland som hade kunnat försöka att hjälpa folket när det var som svårast med pengar och arbeten istället för en person utan samvete. Det krävs nästan att man har varit med själv för att kunna föreställa sig de här hemska sakerna som hände och verkligen känna desperationen efter någon som kunde hjälpa till att få tag på jobb och pengar att försörja sin familj med. Jag kan knappast förstå hur vissa judar har lyckats överleva den här sjuka tiden, även om man var stark fysiskt behöver inte det betyda att man var stark psykiskt, att klara av att se så många sjuka och kanske till och med gamla slita så hårt och plågas. Även att skiljas från resten av sina familjemedlemmar och inse att dem har blivit ihjäl gasade eller uppeldade. Sedan se någon skjutas ihjäl eller dö av utmatning framför ögonen på dem, och hur kunde vakterna klara av att se och göra allt det här dem borde också ha varit psykiskt sjuka eller så var de så rädda at de inte vågade säga emot och ja tror det var även var vissa vakter som mådde riktigt dåligt av det här. En sak jag inte förstår är hur dem som är nazister i dagens läge tänker med. Dem borde ju ha hört talas om vad som hände med judarna på riktigt och hur kan dem tycka att Hitler var en bra människa, jag förstår att vissa vill ha speciella frisyrer eller liknande men att kunna vara nazist det är oförklarligt. Det enda som var bra med dem här krigen, fast det var egentligen inget jätte positivt med det. Det är att de som blev dödade eller skadade under kriget gick vissa till forskning och man kunde kanske hitta nya mediciner och liknande men det är fortfarande inte bra att människor behöver dö för en sjuk man som är maktgalen och saknar med känsla. jag vet inte riktigt vad jag ska tycka om att England och Frankrike före kriget, på ett sätt var det bra att de inte gick in och stoppade Hitlers framgång förrän Polen och undvikte ett krig men det kom ändå senare. Men det var ändå bra att de gick in efter Hitler intagit Polen för tänk om han hade fortsätt att gå och ta över en massa oskyldiga länder. Men man tänker även hade det inte gått att gå in på ett tidigt stadium och stoppat Hitler utan att det hade blivit ett jätte stort krig. För Tyskland hade inte så mycket att komma med förrän Hitler hade börjat bygga upp armén igen, men det var ingen som kunde veta hur det här skulle sluta, man kanske trodde att ett krig aldrig skulle komma, man hoppades på det i alla fall. En annan sak som var bra det var att de allierande vann, fast jag tycker inte om sovjets sätt att styra Östtyskland och Östberlin, det kunde ha varit bättre. För tänk om nazisterna hade vunnit och nazismen skulle vara en huvud ideologi i hela världen och jude utrotningen fortsatte, fast vid det här laget hade det nog inte funnits så många judar kvar, men även homosexuella och andra drabbades även, jag vet inte om jag hade velat leva med det, men man vet inte riktigt hur man själv skulle handla, med all propaganda och de hemliga poliserna så om man sa något kunde man bli dödad. Några som var fega var USA (både under första och andra världskriget) de gick inte in förrän de själva blev hotade, eftersom USA var så starka kanske dem hade lyckats avgöra kriget mycket fortare och lika många civila kanske hade sluppit att sätta livet till. Jag hoppas att något sådant här aldrig händer igen…
Anders Johansson

ANDRA VÄRLDSKRIGET , 3.0 out of 5 based on 60 ratings
| 詳細
Betygsätt ANDRA VÄRLDSKRIGET


関連学業
Nedanstående är skolarbeten som handlar om ANDRA VÄRLDSKRIGET eller som på något sätt är relaterade med ANDRA VÄRLDSKRIGET .

10 Responses to “ANDRA VÄRLDSKRIGET”

  1. dalleknalle on 06 Feb 2009 at 1:27 fm #

    Den var bra, men använd styckeindelning (Y)

  2. Ekkerman on 29 Apr 2009 at 7:12 em #

    Många bra influenser. Håller dock med Dalleknalle. Använd styckeindelning, tänk på stavning och dela upp meningar, både för att göra det lättare att läsa och för att ge ett bättre intryck.

    =D

  3. Wiccini on 14 Maj 2009 at 8:53 em #

    Mycket bra innehåll och egna tankar. Det skulle vara ännu bättre om du rättar stav- och grammatikfel. Som “dem” ska vara “de” i 98% av fallen. Dina egna tankar var bra men kunde ha varit kortare, blir ganska enformigt efter en stund…

  4. klara on 31 Mar 2010 at 9:53 em #

    skitbra ju!

  5. caro on 26 Maj 2010 at 10:39 fm #

    mkt text
    men vem började allt
    bra fakta

  6. claudia on 07 Dec 2010 at 10:40 fm #

    mycket bra fakta, men exakt vilka menas med de renblodiga tyskarna? om du menar den heltyska befolkningen, så stämmer de inte helt att de hade det bra. Många städer de bodde i bombades ofta, hungern var också ett stort problem, pappor var ute i krig/krigsfångar och ofta visste man inte om de levde ens. Min morfar och många andra pensionärer jag känner i Tyskland berättar om händelser och trauman de upplevt som barn — så hemska saker som vi knappt kan föreställa oss.

  7. Olof on 16 Feb 2011 at 10:42 fm #

    Kära Anders

    Jag är ganska säker på att du inte fått med alla orsaker över varför Japan attackerade Pearl Harbor. Japan var en militärmakt under mellankrigstiden och förde krig mot syd-ost Kina för att expandera sitt herravälde; än var Japan ingen demokrati ~ det var en diktatur. Hursomhelst ogillade USA detta krig av olika orsaker och bad Japan att avsluta kriget annars skulle USA lägga sig i. Japan vägrade. USA kapar då olje tillförseln till Japan då Japan måste svara med att starta ett krig mot USA, annars skulle Japan riskera att kollapsa som nation.

    MVH // Olof

  8. Sanna on 09 Apr 2011 at 6:28 em #

    Toppen, men hitler dog inte av gift? Han sköt sig, han och hans fru sköt sig i hand skyddsrum (Bunkern) :)
    Annars jätte bra

  9. emma on 22 Maj 2011 at 11:39 fm #

    Jättebra! :)

  10. zune on 01 Dec 2011 at 5:49 em #

    det hade varit bra om man tog med vad som hade hänt om attentaten mot hitler lyckats ! :D

Kommentera ANDRA VÄRLDSKRIGET

« | »