.COM

中学校からの学業やエッセイ
検索学業

ブライアン・アダムス

ブライアンの人生

ブライアン・アダムスは、11月5.1959でキングストン、オンタリオ州のföddesi。 彼は、息子がkanadensiiskの外交官を食べました
イギリスとアメリカの学校で両親とerupaを移動するための許可は彼がタフgjjortています。
彼が14歳のとき、彼は彼がギターを演奏し、成長し、バンクーバーに住んでいました
北アメリカの学校の緩みに幻滅。 彼の報告カードを読む:「ブライアンは非常に丁寧であり、
学生 - 彼は出席」。 しかし、彼はロックンロールを発見したと後戻りはありませんでした....​​..
1976年:16歳で、ブライアンはバンドに参加し、カナダの街に取り掛かります。

1977:アダムスträfferジム・バランス、そして、彼らは悲鳴の曲を開始します。 その材料であります
かつて多くのartsiterが歌います。

1979:A&Mカナダは私がレコーディング契約をhanom与えdancing'ochあなたを見てみましょう」の歌を含め、デモ「アダムのいくつかを聞いて。

1979年12月:ラヴァーボーイのマネージャーブルース・アレンとバックマンターナーオーバードライブ成功とブライアンサイン。

1980年2月:「ブライアン・アダムス "A&Mレコードでトロントに記録彼行われ、CD、。 アダムスはクラブを作ります

4ヶ月でカナダを通じ、学校見学。

春1981:ブライアンはエンジニアボブクリアマウンテン(ストーン、ロキシーと彼女のセカンドアルバムをレコーディング
音楽、ブルース・スプリングスティーン)。

1981年6月:彼のセカンド・アルバムがリリースされています。 タイトルの考えに人種はブライアン・アダムスは、あなたのことを聞いていない」であります
どちらか」、それがなる前に「あなたはそれをしたい、あなたは「それを得ました。 アダムスとクリアマウンテン、アルバムによって生成
「ロンリー・ナイツ」、「帰宅」、「一正当な理由」と「フィット雅グッド ' - 4成功したシングルinhåller。

1981年9月:米国初の画期的な日付は、デトロイト、セントを含みます ルイ、カンザスシティ、ダラス。

1981年10月:カナダ西部のツアーが始まります。

月 - 1982年5月:​​ブライアンは、道路上に数ヶ月を費やしキンクスや外国人のための開口部と材料を完成さ
アダムはローディーだと思いキンクスギタリストデイヴ・デイヴィス、に彼の次のalbum.Introduces自分のため。

1982年8月:バンクーバーのリトルマウンテンサウンド・スタジオで彼のサードアルバムが曲がるの記録。

1982年10月:ブライアンは日本のヤマハ音楽祭でドラムの上にジム・バランスを実行します。

1982年12月:それはカリフォルニアのロサンゼルスフォーラムでの大晦日、ブライアン・アダムスとラヴァーボーイのコートです。

1983年1月:アルバム「Aナイフのようカット 'がリリースされています。 アダムとクリアマウンテンにレースProduserat
シングルは「ストレート心臓から」です。 これは、ビルボードのシングルチャートで10スポット#10に達しました。 ナイフのようセカンドシングル、「カット」のビデオは、スティーブ・バロンによってロサンゼルスのスイミングプールで撮影されています。 ミュージックエクスプレス
マガジンの国内世論-世論調査では、彼第千九百八十二カナダのトップ男性ボーカリスト投票します

月 - 1983年2月:東部とカナダ中央部を通してブライアンツアー。

1983年3月:ブライアンは旅のために開いて、5人に100以上の日付を実施、アメリカの道路をヒット
ヶ月。 ブライアンは、「アメリカン・バンドスタンド」で紹介されました!

1983年4月:スケジュール内のブリーザーは3枚目のシングル、「これTime'atエドワーズ空気のためのビデオを撮影するために使用されます
カリフォルニア州の空軍基地。 ビデオはラズロコバチによって映画撮影でスティーブ・バロンによって指示されます。

1983可能性があります。彼は、簡単に言えば、見出しニューヨークのボトムラインクラブに旅ツアーを中断。 における
対象読者は、ミック・ジャガー、ニルス・ロフグレン、リック・ニールセン(チープ・トリック)、ジーン・シモンズ、ポール・スタンレー(キス)とされています
ジョン・マッケンロー。 ポール・ディーン(ラヴァーボーイ)、ジョン・ウェイトとリック・デリンジャーは、ステージ上で彼に参加します。

1983年6月:「Aナイフのようカッツは「ブライアンの米国初となります。 金のアルバム。 上の#15に達したセカンドシングル、
ビルボード。

1983年8月:ジャーニー/アダムズのツアーがダウン巻きます。

1983年9月:「Aナイフのようカットは、「売上高は100万人を渡すと入力、U.SA.にプラチナを取得
ビルボードトップ10は、3枚目のシングル「今回は「#24に達しました。 ブライアンは30,000スーパートランプで遊びます
新しいBCプレイスドームスタジアムでバンクーバーのファン。 彼は6週間のソロで、瞳の国で行い、
ヨーロッパのツアー。 ドイツにいる間、彼テープ人気ロックテレビ番組、「Rockpalast」。

1983年11月:ブライアンは日本ツアー。 今年の終わりまでに、彼は道に283日となっています。 A&Mは、映画をリリース
「天国の夜」のサウンドトラックアルバム、曲「天国」をフィーチャー。 これは、トップ10のAORになり
オンエアがヒット。 彼はカナダ西部の「SOR」ツアーを見出し。

1983年12月:年のブライアンの多くの音楽業界の賞はベストセラーニューアーティスト(含めます
レコードのマーチャンダイザーの国民連合)、#2男性AORアーティスト(アルバム・ネットワーク)と#3最も
AORアルバム(ラジオ&レコード)だけでなく、トップ男性ボーカリストのためのジュノー賞を果たしました。

1984年1月:アダムスとバランスは、今後のアルバムのために書き始めます。

1984年2月:警察とアダムストゥールオーストラリア、ニュージーランド、ハワイ。

1984年3月:「無謀な 'の記録はバンクーバーで始まります

1984年6月:プロジェクトに不満は、彼は予想外の月を脱ぎます。

1984年8月:ツアーで一晩バンクーバーに行っている間、ティナ・ターナーはカットしてスタジオにブライアンに参加します
「それだけの愛だ」のデュエット。 彼はいくつかのトラックをより新曲でリフレッシュスタジオに戻り、再記録します
新しいドラマーパットスチュワードと。

1984年9月:映画「教師のための資本レコードのサウンドトラックが2アダムス/バランスの曲が含まれて
トップ10日に38スペシャル(教師教師)とジョー・コッカー(夢のエッジ)ヘッドにより行われ

1984年10月:シングル「あなたにファイル名を指定して実行 'が解放され、ビデオはイングランド、ロサンゼルスで撮影されています。 ブライアン
ビデオパッケージの残りの映像を記録するためにバンクーバーで無料コンサートを与えられました。 午前6時チケット
景品は、ファンの圧倒的多数を描く、巨大な繁華街の交通渋滞と近い暴動が発生します。
ブライアンとゼネラルマネージャーブルース・アレンは、チケットで一晩キャンプを数千人のためにピザやコーヒーを買います
センタリング。

1984年11月:「無謀」が11月5日、ブライアンの誕生日にA&M Recordsからリリースされます。 目のアルバム
再びアダムスとクリアマウンテンによって生成され、エネルギッシュな「キッズそれが唯一の愛です '、'天国 'を含みます
「ロックしたいです。 同時に、アルバム、クロムカセット、コンパクトディスクとしてリリース「無謀な」氷30-
微小ホームビデオパッケージ。 スティーブ・バロンが監督。 ビデオの曲は、「実行するためにを含みます
この「未編集のバージョンalongwith、「あなた」、「誰か」、「天国」、「キッズワナ・ロック」、「69の夏
時間」。 彼は、ドイツの「ロックの外観を含んでいるヨーロッパの10日のプレスツアーに乗り出します
2000万視聴者の聴衆に「コンサートでポップ。

1984年12月:アダムスと彼のバンド:キース・スコット(ギター)、デイヴ・テイラー(ベース)、パットスチュワード(ドラム)とジョニー
ブリッツ(キーボード)を選択し再生シカゴ、デトロイト、ニューヨーク、フィラデルフィアでの年の最後の週を日付。
新しい年は、アダムのゲストはMTVの大晦日パーティー壮大に主演で始まり、彼を見て
米国、オーストラリア、日本、欧州、カナダ全体で公演。 ベストなどのブライアン・ジュノ4勝、
男性ボーカリスト、アルバムおよび「Aナイフのようカッツ」の年のプロデューサーと株式の作曲
バランスと年賞。

1985年1月:ブライアンは、アメリカ西海岸を通って南に向かうその後、カナダの主要都市をツアー
ロサンゼルスの最強散りばめPaladiumで二つの日付で最高潮に達します。

1985年2月:ロサンゼルス市長は2月1日ブライアン・アダムスの日を宣言する。 アダムスとバランスCO-
デヴィッド・フォスターalongwith「涙が十分ではない 'と書くと、カナダのトップにトロントの歌を録音
出演。 チューンからのすべての収入はエチオピアで飢饉救済を支援するために行きます。 バックにブライアンとバンドヘッド
ロンドンへの彼のリターンに4月に最高潮に達するティナ・ターナーと50都市コンサートツアーのためのヨーロッパ、
見出し3完売はハマースミス・オデオンで示しています。

1985年3月:ブライアンはロンドン、イギリスの「天国」のビデオを撮影。

1985年5月:ブライアンはタルサ、オクラホマ州にあるアメリカのツアー「85にワイドワールド "彼の最初の区間を開始します。 それは持続します
10月に。

1985年6月:ブライアンはメンフィス、テネシー州でスカイダイビングに近く致命的な試みを行います。 彼は、外側のように見えました
「デビッドレターマンとレイトナイト」の週。 「天国」はビルボード誌で1位をヒット。

1985年7月:ブライアンは、13日にフィラデルフィアの巨大なライブエイドコンサートで実行されます。 彼は、単一の記録します
彼のアメリカツアーを再開する前に「クリスマスタイム」。

1985年8月:彼のUSツアーなどのトップ100アルバムチャートで無謀なヒット#1は、完全な円を来ていました。

1985年9月:バンクーバーのブライアンの帰郷ショーは記録破りの時間に完売。 ツアーはに戻ります
アメリカのイーストは、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで2売り切れコンサートを再生します。

1985年10月には:映画「涙」は十分ではないの映画のプレミアに出席し、ウィリアムハロルドを受け入れます
トロントのPROカナダからの月賞。 彼はガラスのために、「私を忘れないでください」の背景ボーカルを記録
タイガー。

1985年11月:ブライアンはベストアルバム(無謀)、男性ボーカリストを受賞、ジュノー賞のクリーンスイープを作ります
ジムVallance.Bryanと年の作曲はでゲスト出演を作るためにロンドンに戻り、
ブライアンとジムが共同書いたロジャー・ダルトリーの「レットミーダウン簡単 'のためのビデオ撮影。

1985年12月:ブライアンは記念、バンクーバーの授賞式で栄誉あるダイヤモンド賞を受け入れます
カナダの「無謀」の万枚の販売を行っています。 今年の終わりまでに、「無謀」から6枚のシングルに達しました
トップ10の状態。 2つだけ他のアーティストによって達成偉業。

1986年2月:ブライアンは、2つのグラミー賞にノミネートされています。 新しいアルバムの作成と記録デモ
開始します。

1986年5月:ブライアンはバンクーバー万博のオープニングガラでウェールズの王子と王女のために実行します。
ブライアンとジムはティナ・ターナーのニューアルバムのための曲を書き、そしてブライアンはニューヨークで彼女のために2つのカットを生成し;
ロンドンへのハエは、 "あなたは彼女と一緒に「スタートバックを記録します。

1986年6月:ブライアンホープ」ツアーのアムネスティ・インターナショナルの「陰謀で実行されます。 彼はまた、実行します
20日にロンドンのウェンブリー・スタジアムでプリンス・トラストは、チャリティーコンサート。

1986年8月:ブライアンとボブクリアマウンテンはクリフハンガースタジオ、ブライアンさんに5thアルバムのレコーディングを開始
ホームレコーディングスタジオ。

1986年9月:ブライアンとティナ・ターナーは「それが唯一の愛です」のベストライブパフォーマンスのためのMTV賞を獲得。
ブライアンとジム・バランスは、「夢のエッジ」、「誰か」と「69の夏」の最優秀賞を取ります
第18回PROトロントでカナダ賞。

1986年11月:ブライアンは再びカナダのジュノさんに今年の男性ボーカリストを受け付けます。 彼はによって高値投票されました
4年連続のトップ男性ボーカリストとしてのナショナル・エクスプレス誌の読者投票。

1987年1月:「火の中に」というタイトルの新しいアルバムは、イングランドに混合します。 ブライアンは、タワーでのライブリモートを行い
サンフランシスコのピカデリー広場KMELラジオ内のレコード。

1987年2月:ブライアンはオーロラとの仕事のためのボブ・ゲルドフ人道賞を授与され、
アムネスティや他のチャリティプロジェクト。 ブライアンが生成する新カーリー・サイモン「それは私されている必要があります」
ニューヨーク。 ブライアンは、ハワイで日本のラジオや雑誌プレスで満たしています。 インタビューは音楽生活、ポップを含みます
ギアとロッキンオン。

1987年3月:ブライアンは、欧州プレスツアーに乗り出します。 国はイギリス、イタリア、オランダなどが含ま
ドイツ。 ファーストシングルアルバム「夜の熱が「解放されます。 ビデオは、ロサンゼルスで撮影向けられています
会社のウェイン・アイシャムにより、「火の中に」のリリースが続きます。 彼は国際的に勝利
バンクーバーの西海岸の音楽へのトリビュートで功労賞。 A&Mは、史上初の1リリース
夜熱」と「B面として別の日 ''と '"Cassingles。

1987年4月:リハーサルは、今後のワールドツアーのために開始します。 から日本の衛星放送の氷の同時放送
バンクーバーの86ストリートミュージックホール「ナイトスタジオヒット 'とブライアンのお客様は、史上初のバンクーバーベースのため
「ロック・ライン」の放送。

1987年5月:ブライアンは、キース・スコット、デイブ・テイラーの彼のバンドとシュリーブポート、Louisiannaからツアーをキックオフ
ミッキーカレージョニーブリッツ。 ライブビデオ性能は、第二のためにレイクランド、フロリダ州で撮影されています
シングル、「オン・ファイアハーツ」。

1987年6月:ブライアンは、ロンドンのウェンブリー・スタジアムでプリンス・トラストのチャリティーコンサートで2つのショーを行います。
彼は、1,500人以上のファンを見て400席マーキークラブで驚きのギグは、の通りに並ぶ記録します
ロンドン。 米国とブライアンツアー再開はデビッドレターマンショーに表示されます。 2売り切れ
ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでの夜とビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンによって楽屋訪問されます。
カナダのホッケーのスターウェインGretskyは舞台裏で彼の完売ショーでブライアンと「たむろ」するようになります
トロント、オンタリオ州。

1987年7月:「火の中には、「彼はロンドンの独占インタビューを行い、米国でプラチナに認定されています
「Q」マガジン。 ブライアンは、ダルース、ミネソタ州の前にクルーズ船に乗ってラジオコンテストの受賞者をホストします
ショー。 7月1日に国の首都 - 彼はオタワ、オンタリオ州の3カナダの日付の最後を締めくくり
カナダの日を記念して。 どちらが来るのうち、ブライアンは、ニューヨーク、ロンドンマーキーショーをミックス
A&M Recordsからリリースされるチャック・ベリーの「ファイル名を指定して実行ルドルフラン」の記録「非常に特別な
クリスマスアルバム「。 彼は、「グッドモーニングアメリカ」と「トゥデイショー」に表示されます。

1987年8月:ツアーは、米国西部まで続きます。 重いコンサートスケジュール、ブライアンにもかかわらず、
によって指示されたロサンゼルスの彼の3枚目のシングル「愛の犠牲者のために14日にビデオを撮影
プロパガンダ映画のドミニク・セナ。

1987年9月:ワールドツアーの米国レッグはアレンタウンで完了する。 ブライアンはで行い、
MTV賞は11日と16日にアメリカのプレミア「トップオブザポップス」に表示されます。

1987年10月:ブライアンとプリツアープレスを行うにパリ、フランスへのバンドヘッド。 最初の英国の日が始まります
特別ゲストとニューカッスル、イングランド、T'Pauで13日。 ロンドンのウェンブリー・アリーナで4泊を販売しています。
デイヴ・エドモンズは、最終的なショーのステージでブライアンに参加します。

1987年11月には:ヨーロッパ・ツアーが続くと、ブライアンは2日に2ジュノ賞を受賞。 男性のための一つの氷
今年のボーカリスト、年の他のエンターテイナー - FIRSTTIMEカテゴリとブライアンのための名誉として、
投票は、公開から直接来ます。 「無謀な ''火の中に「スウェーデンの金の状態を実現し、
スイスの金に達します。

1987年12月:ダブリン、アイルランドの仕上げ「火の中に」のヨーロッパの足。 ダースに実行しました
未満10週間の時間の国々、ツアーは販売ほぼすべてのショーとの完全な成功を​​収めています
out.theテープはクリスマスに間に合うように家です。 「非常に特別なクリスマス・アルバムは「特別の援助で放出されます
オリンピック。

1988年1月:ブライアンとバンドは、道路上で、再びです。 22日にアラスカで始まり、その後にヘッド
東京武道館であるそのうち5 - 10完売のコンサートを再生する日本。 ブライアンは、さらに別のを提示されます
日本では「火の中に「10万コピーのプラチナ賞を受賞しました。

1988年2月:日本ツアーが終了します。 ブライアンは、1988年冬季オリンピックの際、特別なショーを行い、
カルガリー、アルバータ20日にゲームのアスリートや要人のため。

3月/ 1988年4月:ブライアンとジムは、第六のアルバムに書き始めます。 ブライアンは再び賞を受賞しました
今年の男性ボーカリストとシングルのための岩エクスプレス・ミュージック・アワードで「愛の犠牲者のために
トロント。

1988年5月:トミー・マンデルは、新しいキーボーディストとしてアダムのバンドに参加します。 土壇場故郷のギグアイス
24日に86ストリートミュージックホールに予定し、チケットは販売して行くの7分以内に完売。 ジョン
ボン・ジョヴィは、ステージ上で結合します。 ブライアンは、BCでのプレゼンテーションで白血病研究に全体の収益を寄付します
小児病院。 ブライアンは、ツーリングの別の2ヶ月間ヨーロッパに戻ります。 プレゼントは、これまでにありません
isrealを、東ドイツ、ベルギー。 ブライアンは、これまでに完売するための最速の北米のアーティストになり
ギリシャ。

1988年6月には、ポルトガルに出席記録を設定し、すべての3つのショーはisrealをSROです。 ブライアンは、ズームを行い、
東ベルリン12万のファンの前。 三日後、彼は西ベルリンで再生されます。 ブライアンは自由フェストに参加
70,000以上のファンにロンドンのウェンブリー・スタジアムでネルソン・マンデラを尊重します。 彼はクリスタル賞を受賞
PROカナダから「ハートからストレート」の10万倍のラジオエアプレイを記念して。
ブライアンは勝利十字架に敬意を表して政府主催のビデオに歌記念日」を寄贈します
メダルは、戦時中に授与されました。

1988年7月:「火の中に "ツアーの最終レグは現在ロカルノ、スイスで包み込む、完了しました。
ブライアンは、帰国前にロンドンにアルバム制作の10日を返します。

1988年8月:ブライアンは、促進するためのバンクーバー港の環境グループグリーンピースと会談
反核運動。 プロデューサースティーヴ・リリーホワイトは、バンクーバーに到着。 リリーホワイトは彼のために有名です
U2と生産、トーキング・ヘッズ、ローリング・ストーンズやプリテンダーズ。 次のアルバムが開始するための記録
そして、予想されるリリース日は1989年4月です。

9月/ 1988年10月:ブライアンは、記録された8曲の4に完全に満足していないので、彼はより多くの書き込みを再開します
アルバム材料。 このイベントの予想外のターンは89年秋に投影アルバムのリリースをプッシュします。

1988年11月:クリント・イーストウッドの映画「ピンク・キャデラック」のブライアンの夫の演技外観。 ビデオ撮影が行われます
リノ、ネバダ州インチ ブライアンは、チャーリー・セクストンの曲のボーカルをバックアップ記録し、彼の家に「ドント・ルック・バック」
スタジオ。 国防のカナダ部門は数千人に「記念日」のビデオをリリース
全国の学校。

1988年12月:ブライアンはナイト」、アダムス/バランスの曲を記録するためにニューヨークでジョー・コッカーに参加します
ジョーの今後のLPのために」が付属しています。

1989年1月:ブライアンはで起こる「年のカナダのエンターテイナー 'のユノの指名を受け取ります
マーチ。 史上初の1時間のテレビ特別な "ブライアン・アダムス:ベルギーのライブ」は、全国の放映されます
Werchterの、7月88ブライアンは、バンクーバーの毎日のニュースペーパーの邪魔に手紙を書き込んで撮影されました
ジョージアメディカルビル - cities'olderのランドマークの一つの解体の反証。 この
ブライアンの遺産と環境conciousキャンペーンの始まりを意味します。

1989年2月:ブライアンは、まだ別のギタートラックを追加するロサンゼルスのA&Mレコーディング・スタジオに飛びます
殿堂殿堂、ディオンためアダムス/バランス曲、「ドライブオールナイト」。

1989年3月:ブライアンの歌「誰かが 'は、2つのレコードセット、虹の戦士に含まれています:排他
環境保護団体、グリーンピースによるロシアリリース。

1989年4月:ブライアンとキースはワールドミュージックビデオのテレビ放映衛星でライブ実行するためにモスクワに飛びます
賞。 ソ連のバックアップテープに伴われ、彼らは、推定750に「キッズワナ・ロック」を行います
万人の視聴者。 ブライアンはとの「スティッキー甘い」と題する新しいモトリー・クルートラックにバッキングボーカルを貢献します
バンクーバーのリトルフェローロッカースティーヴン・タイラー(エアロスミス)、ジャック・ブレード(ナイトレンジャー)とヴィンス・ニール
マウンテンサウンド。

1989年5月:ブライアンは、アフリカのためにオーロラの代わりに小切手を提示 - アルバム販売から市長へ
飢餓救済のための市長のウォークのためのバンクーバーのキャンベル。 とき '、ジョー・コッカーのビデオに表示されます
夜は「来ます。

1989年6月:ロンドンので有名なプロデューサー/コンポーザーでMuttランゲ(車、デフ・レパード)とアップチーム
オリンピック・スタジオは、今後のLPのためのより多くの材料を書き込みます。 ブライアンは、8日に記者会見に出席
虹の戦士の北米リリースを起動します。 また、再記録するために世界のreknownアーティストに参加します
古典的なディープ・パープルのヒット、アルメニア地震の被災者の援助で水の上に「スモーク」。

1989年7月:バンクーバーのリトルマウンテンサウンドに戻りますが、ボブとLPのためのより多くの歌を記録します
クリアマウンテン。 ブライアンとキースは、ビクトリア州のデビッド・フォスター有名人のソフトボール大会の宴会に出席
BC - 腎臓研究の年間の資金調達者。

Aug1989は:レコードは、「それが取るものは何でも」、ベリンダ・カーライルの曲のボーカルをバックアップします。

1989年10月:ブライアンは&18日にバンクーバーでクラブ86ストリートミュージックホールで2給付コンサートを行い、
19。 「環境のために夜は「4つのローカル環境団体のための$ 40,000.00を上げました。 ブライアンアイス
CBCのテレビ「ベルギーに住んで「最高のパフォーマンス(音楽)のためのジェミニ賞にノミネート
特別。

1989年11月:ブライアンは、今後の新年のショーのプレスのインタビューのために18日にロンドン、イギリスに飛びます
日本インチ Muttはランゲと書くアルバム材料を再開し、でティナ・ターナーの50歳の誕生日パーティーに出席
ロンドンの有名な改革クラブ。

1989年12月:待望の初のライブLPが日本で発売されます。 題し「ライブ」の録音があるから
ベルギーのパフォーマンスに住んでいます。 ブライアンは、レコードにリトルマウンテンサウンドスタジオミッド月に戻ります
今度のアルバムはまだより多くの材料。 リリース日は暫定的に1990年4月ブライアンのために投影され、
27日に日本のために側近ヘッド。

1990年1月:ドン・ヘンリー、Heuyルイス、マイケル・モンローとラウドネスalongwithブライアンは、1990年代にキックオフ
二つの新しい年の12月を示しています 日本の7万席東京ドームで31日と1月1日。 彼は即座に頭
戻るロンドンのスタジオに続きアルバム制作のためと楽観的に非常に忙しい新しいを予想
ディケイド!

1990年2月:ブライアンと21日にロサンゼルスに飛ぶキース・スコットがグラミー・ウィークライブに参加するために -
15トップラジオ局放送の収集はルーズベルトホテルから住んでいます。 23日、ブライアンが実施
ポラックメディア条約無線用のA&Mチャーリーチャップマンサウンドステージでの特別ショー
エグゼクティブ。

1990年3月:​​ブライアンはトロントでカナダのジュノー賞でAlannahマイルズに「年のアルバム」を提示
18日。 彼はアイスと題し、今後のアニメーション映画の「目隠しをする」の声としてボーカルトラックを追加します。
「後で再タイトルは、「女王のミトン三匹の子猫の本当の話」。

1990年4月:ブライアンは、ロンドンに戻り、にバッキングボーカルを記録するためにスタジオでエリック・カルメンに参加します
アダムス-書い曲、エリックの今後のLPは、「永遠の​​ように感じています」。 ブライアン自身の生産プロジェクトは継続します
次の2ヶ月間イングランドのMuttに持ちます。

1990年6月:ブライアンは、式典の際、権威ある「ブリティッシュコロンビア州賞の順序」を受賞されています
21日にビクトリア。 彼は、Midfyns&Rosskilde、デンマークで2ヨーロッパのフェスティバルを見出し6月29日&
30。 その他のトップパフォーマーは、仲間のカナダ人、ジェフ・ヒーリー、リトル・フィート、ボブ・ディランが含まれます。 ブライアン酸
バンクーバーの自宅スタジオでデイヴィッド・フォスター曲「愛の川」にボーカルトラック。

1990年7月:ブライアンは「壁」の精巧な音楽制作に参加しています。 ロック・オペラが上演されたことにより、
ベルリンのポツダム広場の元ピンク・フロイドのギタリストロジャー・ウォーターズ、Germany-と30以上にブロードキャストされます
20万ファンのライブ屋外観客の前で国。 「ヤング・ラスト」のブライアンの演出は受け取り
批評家の称賛とすぐには、ビルボードAORチャートを登ります。

1990年8月:ブライアン見出し「ライブPark'-で17日カルガリー、アルバータ州の野外フェスティバル。 また、上
法案は、幸福の追求とバンクーバーのポール・レインです。 出席は27,000を超えています。 見学
ブライアンと今後のアルバムのバンドと一緒に写真セッションのカメラマン町のアンドリュー・カトリンアイス
特別な十年のアーティストのためとMuchMusicのインタビュー、彼を。 国際面では、1985年のLP、
「無謀」、およびシングル「69の夏は「#10と#4スポットにオランダのチャートを登っています
それぞれ。

1990年9月:ブライアンは公式バンクーバー初のモルソンインディカーレースを開始するために国歌を歌います
9月2日に開催。 彼は地元のメープルリッジ病院によって年間最優秀人道を受け取ります
財団が、ブライアンとバンドは南に途中であるため、できない-する29日に賞ガラに出席しています
3日間自由のパーティーのためのアメリカ。 彼らは、サンティアゴの巨大55,000席エスタディオチリで行います
28日にチリ、その後デイビッドと一緒に実行するには、次の日ブエノスアイレス牡羊座、アルゼンチンに向かいます
エスタディオリオぷらっとでボウイとミック・テイラー。 現地マスコミは痛烈な古典としての彼のパフォーマンスを称賛します
ロックンロールショー。 HEは比較的未知の市場を征服しないものとします。

1990年10月:カナダ市民としての功績が認められ、ブライアンはの「名誉を受賞されています
24日オタワ、オンタリオ州の式典でカナダ賞」。

1990年11月:カナダレコード協会は、80年代の最優秀男性アーティストとしてブライアンをchosesが。
賞ガラとチャリティーディナー20日にトロントで開催されます。

1990年12月:録画は月のほとんどを通じてイギリスで継続します。 ブライアンはのために家を返します。
家族や友人との休日。 「ライブは「の販売を記念し、日本で金を認定されています
50,000台以上。

1991年1月:彼はMuttはランゲとの混合開始する6日にロンドンに戻ります。 以下のための予想リリース日
「隣人をウェイクアップすると「月下旬に予定されています。 ZZトップとヨーロッパの祭りの日はのために発表されています
6月。

2月/ 1991年3月:録音とミキシングは、ロンドンで継続します。 法律(ポール・ロジャース/ケニー・ジョーンズ)レコード
Beast'-の「自然アダムスとランゲによって書かれた曲。 ブライアンは、ボーカルを貸すためにスタジオでそれらを結合します
そして、ギタートラック。

1991年4月:​​ブライアンとMuttはランゲ書き込み、記録」(私が行うすべて)私は映画のために「あなたのためにそれを行います
ロビン・フッドのサウンドトラック:盗賊の王子。 ブライアンは、休憩のために家を返し、簡単にスキーを取ります
ウィスラーの休日 - バンクーバー外村の隠れ家。

1991年5月:ジュリアン・テンプル監督は、曲のビデオはシェフィールド、イングランド、月17日&18日に撮影されました。
リハーサルは、ZZトップと今後のヨーロッパツアーのために開始します。

1991年6月:6月3日&6日の間、ビデオは最初のアルバムのために撮影されたこの事を私たちを停止しsingle.'Can't
ロンドンのパインウッド・スタジオでのケビン・ゴッドリー(例えば10ccの)によって指示されます。「開始。 8日、ブライアンはキックオフ
ドイツでJubeck祭をヘッドライナーによるツアー。 17日、彼はサービスのためのプライベートショーを行い、
最近、バーデンバーデンのカナダ軍基地にペルシャ湾岸戦争から返さpersonel、
ドイツ。 12日、「私が行うすべては、「国際的にリリースされる - 日follo翼は映画のプレミア。 ザ・
全国のレコード店に385,000コピーの初期出荷は、最大級の単一の出荷でした
A&Mレコードの歴史。 フィルムは、フィルムの歴史の中で8最高のデビュー週末を登録しますが、シングルはデビュー
すべての無線フォーマットで第1位に - ロックから現代のヒットラジオに。

1991年7月:7月の最初の週では、アイルランドで第1位チャート位置にレースを「私が行うすべて」、続きます
まもなくイングランドによります。 それはブライアンの第二#1ビルボードシングル、英国ザで初の1位のヒットとなっhas've
アダムス/ ZZトップツアーは、ロンドンのミルトンキーンズで6日に締めくくります。 素晴らしい7万ファンが設定されています
出席。 10日、ブライアンとバンドはポップの英国のトップにある「私が行うすべて」を実行します
テレビ番組。 ブライアンは、アルバム完成のためにロンドンに残っています。 会社リリース日は、後半に予定されています
9月。

1991年8月:ブライアンはにロンドンで日本のマスコミPOP GEARとMUSIC LIFE誌に会います
第5回。 彼は、バンクーバーに戻り、コンサートはレベルストーク、BC A小さなコミュニティで10日に予定されています
BCアルバータ州の国境に。 12,000以上のチケットは、屋外ショーのために販売されています。 19、ブライアンとオン
今度のアルバムのためにさらに2つの動画を撮影するためにロンドンにバンド復帰。 「私は死に、に行ってしようと思いました
天国 'と'私が欲しいのは、あなたが「パインウッド・スタジオでケビン・ゴッドリーによって再び撮影されています。 「停止することはできません
シングルチャートにすぐに登って - 私たちは「スタートこのことは、8月27日に国際的にリリースされています。
一方、まだロンドンで、ブライアンは、雑誌の数十からヨーロッパ&英国メディアの人々と会いました
出版物やテレビ番組。

1991年9月:1日に、ブライアンとテープは、テープ2テレビ番組にパリ、フランスへ脱出。 トウスAラ・ウネと
スター90人の少年は、保留中のアルバムのリリースの準備のために帰国します。 待望のアルバム、
「隣人をウェイクアップすることは「24日に国際的にリリースされています。 23日の朝、A&Bのドア
バンクーバーで事前販売の午前6時にオープンサウンド。 400人以上の人が店を群衆。 ブライアンとキース
時間のサインをするために驚きの外観を作ります。 アルバムは英国でチャート入り
#11信じられません。

1991年10月:ブライアンは、6日にバンクーバーの86ストリートミュージックホールでチャリティーコンサートを行います。 並んで
ブライアン - コリン・ジェームズ、クリッシー・スティール、ラヴァーボーイとビル・ヘンダーソンのための$ 50,000以上上げるために一緒に参加します
ブライアン・マクラウド - ヒューストン診療所でのがん治療を受けて地元のミュージシャン。 14日、
CFOXから生中継 - ブライアンは、全国的にシンジケートコールインラジオ番組、ROCKの行に表示されます
バンクーバーのラジオ局。 24日、ワールドツアーは、ベルファスト、アイルランドでキックオフ。 ツアー全体が
完全売り切れとブライアンは、英国と欧州全域で16カ国以上で実行されます。 彼が勝利します
スマッシュは最優秀男性アーティストのための読者の投票をヒット。

1991年11月:ビデオは、さらに別の単一のために撮影されました。 中に撮影されます。「別の今夜があってはなりません」
シェフィールド、イングランドは1&2日に示しています。 この曲は、11日に3枚目のシングルとしてリリースされます。 ブライアン
嵐でロンドンを取る - ウェンブリー・アリーナで3バックツーバックショーを行います。 セレブリティ
ロジャーDaltry、ポール・ヤング、ベリンダ・カーライルとクリッシー・ハインドが含まれます。 スリムホイットマンは、ステージ上でブライアンに参加します
彼のチャートトッピングヒットを歌うために、「ローズMarie'-舞台裏1954年に12週間1位の位置を開催し、
ブライアンは、レコードの英国のギネスブックからプラークを提示される - 記録破りの16のために
「私が行うすべて」で第1位チャート位置での週。 推定1500のファンは巨大なHMVのレコードをパック
7日にサイン会セッションで保管してください。 その同じ夜、ブライアンはウォーガンでライブインタビューされます
「もう今夜はありになることはありません」テレビと実行します。 バンクーバーのウエストコースト音楽で
賞、監督ブルース・アレンはブライアンの代理、国際功労賞に受け入れます。 キース・スコット
ベストギタリストのために勝ちます。 レシピエント雌は3ドイツの雑誌によって最優秀男性ボーカリスト1991が含まれています。
ポップコーン、ブラボーとポップロッキー。 23日、ブライアンはオーストラリアの音楽Awards-がほとんどを獲得スイープ
人気の国際男性、人気の国際ソングや人気の国際アルバム。
ブライアンの受け付けはヨーロッパの二日間のパン粉から事前に録音されました。

1991年12月:9日、ブライアンは「ホットACシングル '、ビルボード誌の「ホット100シングル」を受け取り、「#1
ワールド・シングル「賞。 「隣人を目覚める」以上550万のコピーを販売しています。 それは支配してきました
9週間を含め、まだカナダで第1位でカウントを10カ国でチャート、。 「私はすべてが '#1を達成しました
800万台の販売と19カ国でのステータス。 それが今のように「私たちは世界にいる」だけに次ぎます
アメリカのすべての時間の最も売れ行きのシングル。 「愛は止めすることはできません "4のためにカナダで第1位でした
週間高値​​HASは、世界中のチャート。 ツアーはヨーロッパを通じて継続 - 18日にアップラップ
2は初とレイキャビク、アイスランドで示しています。 ブライアンとバンドは金とプラチナ功績賞を受け取ります
ツアーですべての国で!

1992年1月には:ブライアンは、はるかに値するweek-長い新年セーリングの休暇を取ります。 彼はプレスに出席
第34回グラミー賞候補者を発表するニューヨークで会議:自身があること
6カテゴリ(カナダアーティストのレコード)にノミネート! 彼は、VH-1とMTVののインタビューを行います
発信者と話し9th-の「ロック・ライン」は全国に住んでいます。 コンサートは2500席で予定されています
10日にリッツシアターがあります。 これは、20分未満で売り切れです。 出席氷の音楽の伝説ベン・E・キングで
およびノナ・ヘンドリックス。 彼はスペイン語で「私が行うすべて」のためニューヨークの発電所のボーカルを記録します。 ザ・
曲はスペイン語圏の国でバレンタインデーをリリースしています。 「目覚めザ・カナダの足
世界ツアーにSROのコンサートで包み込む、シドニー、ノバスコシア州の1月13日に開幕します
31日のバンクーバー。 ブライアンテープカルガリーの多くは音楽のテリーデイブ・マリガンとのインタビュー、
アルバータ。 放送日は、月中旬に予定されています。

Feb 1992: The tour continues to New Zealand & Australia for 7 dates- kicking off with a press conference in
Sydney. In Melbourne, the Irish group, The Commitments join Bryan on stage to perform 'Mustang Sally' &
'Midnight Hour'. Bryan does interviews for “Hey Hey It's Saturday”, MTV and the “Homefree” radio
show. The fourth single, 'Thought I'd Died And Gone To Heaven' is released internationally on the 14th.
On the 21st the tour heads to Japan for close to a dozen shows in 6 cities. Bryan, Mutt Lange & Michael
Kamen receive a Grammy Award on the 25th for “Best Song Written Specifically For Motion Picture or
Television” for 'Everything I Do'. Manager Bruce Allen accepts on Bryan's behalf.

Mar 1992: The Japanese tour is completed with 4 shows in Tokyo on the 6th. Back home on the 12th,
Bryan does an exclusive Album Network interview and live concert set. 18 Radio station contest winners
from across the US are flown in for the event, which is broadcast live across North America from
Vancouver's Little Mountain Sound Studios. The US tour kicks off in Cincinnati, Ohio on the 15th, with
former Journey members, The Storm as backup. Nominated for an unprecidented SEVEN JUNO Awards,
Bryan attends the ceremonies in Toronto, Ontario on the 29th. Bryan and the band open the show with
'Can't Stop This Thing We Started', and by night's end he has received JUNOS for 'Producer Of The
Year', 'Canadian Entertainer Of The Year' and a first ever 'Special Achievement Award'. The following
night, Bryan performs 'Everything I Do' with co-writer Michael Kamen accompanying on piano, at the 64th
Annual Academy Awards in Los Angeles, California. He is nominated for an Oscar for 'Best Achievement in
Music (Original Song)'. To date, 'Waking Up The Neighbors' has sold more than 8 million units worldwide.

Apr 1992: The US tour continues, playing nearly 40 dates in total. Live concert footage is filmed in Miami,
Florida for the forthcoming single, 'Touch The Hand'. Bryan does an MTV update interview in Dallas on
the 18th.

May 1992: Don Henley and hockey star, Wayne Gretzsky catch Bryan's show in Los Angeles. The US
tour wraps up in San Francisco on the 16th. On the 23rd, Bryan performs a special concert at a hotel in
Vermont for the US MTV contest winner and 50 friends. Following a brief rest, the band embarks to
Greece for the start of the European/UK Festival Tour on the 30th. Other artists on the bill include Extreme,
Crowded House, Pearl Jam, Lou Reed, Red Hot Chilli Peppers and Cowboy Junkies. Reaching the one
million mark in sales, 'Waking Up The Neighbors' is certified Diamond Status in Canada.

June 1992: The tour continues through several countries, including Italy, Germany, Holland and
Scandinavia. While in France, Bryan and the band appear on STARS 90; in Holland he was interviewed and
perfomed three tunes on 'Veronica's Countdown'.

July 1992: On the 8th, Bryan performs on the England's Top Of The Pops television program, and Wembley
Stadium sees the largest attendance of the tour with an estimated 80,000 fans! Roger Daltry of the WHO
attends the show and joins Extreme on stage. Bryan joins Little Angels in the studio to do backing vocals
on 'Too Much Too Young' and appears briefly in their video. Bryan performs first-ever shows in Hungary
and Turkey. The latest single 'Do I Have To Say The Words' is released and the video is shot by Anton
Coribijn in Istanbul & Iceland on the 28th.

Aug 1992: This leg of the tour wraps up in Thurles, Ireland on the 2nd. Bryan has performed over 30 shows
in close to two dozen countries. He spends a few days seeing the Irish countryside before flying to New
York City to take part in the Stop The Violence Benefit concert alongside Richard Marx & Def Leppard on
the 10th. A Canadian Festival tour kicks off on the 14th in St.John's, Nfld. Extreme returns as warm up act,
along with Steve Miller and Sass Jordan. The Canadian Broadcasting Corporation has filmed much of the
tour for an upcoming CBC documentary.

Sept 1992: The 'Waking' Festival tour wraps up in Alberta on the 7th. Flying straight to Los Angeles to
perform at the 9th Annual MTV Awards, the band performs the newly-released hit single, 'Do I Have To
Say The Words'. Bryan is presented with his Diamond Award at a private presentation in Vancouver by
A&M Records' President, Joe Summers on the 21st. On the 24th, Bryan and Keith record an impromptu
rendition of 'There Will Never Be Another Tonight' in front of his Gastown Management offices for Much
Music's Canadian Music Video Awards show airing later that week; Bryan receives the Special
Achievement Award.

Oct 1992: Bryan returns to US for further dates with support act, Arc Angels. Following the West Coast
southward with several shows in California, two sold-out shows are performed in Mexico City on the 23rd
& 24th. Bryan's Spanish version of 'Everything I Do' sat at the top of the Pop Charts for weeks. 'Waking
Up The Neighbors' is certified Triple Platinum in the US and has gone gold in India!

Nov 1992: Bryan celebrates his 33rd birthday in England, spending the rest of the week penning new
material with co-writer and producer, Mutt Lange. The tour starts up again on the 12th in Wisconsin with
dates throughout the northeastern States. Support act Mr. Big join this portion of the tour. International
sales of 'Waking Up The Neighbors' hits the 10 million mark.

Dec 1992: The US dates wrap up on the 6th in Pennsylvania. Bryan heads to England to spend Christmas
holidays with family & friends. The American music Awards nominates Bryan for Favorite Pop Rock Male
Artist. Waking Up The Neighbors video package is released to retail, and a five-song LIVE CD is released
in Japan & Asia on the 21st. A New Years Eve show is scheduled in Honolulu, Hawaii. He spends a few
brief days in the sun before returning home to Vancouver.

Jan 1993: The video package debuts at #2 on video charts in the UK The Grammy nominations are
announced: Bryan is nominated for Male Vocalist for 'There Will Never Be Another Tonight'. He receives a
Juno nomination for Canadian Entertainer of the Year. With the month off, Bryan spends time at home in
Vancouver. The South East Asian tour kicks off on the 29th with three spectacular shows in Taiwan.

Feb 1993: The Asian tour heads to Thailand, Singapore, Japan, Hong Kong and ending up on the 14th in
Manila.

Mar/Apr 1993: Bryan performs at the Save The Rainforest Benefit at Carnegie Hall in New York. Artists on
the billing include Sting, Tina Turner and several others. Plans are tentatively underway for further American
dates through April, winding down with an appearance at Farm Aid scheduled in Iowa on the 24th.
Following the completion of these dates, Bryan plans to resume writing the next album with Mutt Lange. ノー
speculations on the release date. In celebration of the 125th Anniversary of Canadian Confederation, Bryan
was honored with a Commemorative Medal in acknowledgment for his significant contribution to
Canada,his community and to his fellow Canadians. Bryan participated in the huge FARM AID VI benefit in
Ames, Iowa. Nearly four dozen acts performed during the 1 hour marathon event in front of 40,000 people.

May 1993: After two years on the road, The 'Waking Up The World' tour officially came to a close in
Raleigh, North Carolina on May 2nd. Bryan then headed to Europe and spent time in Paris checking into
possible recording studios. He spent majority of his time in England gearing for the Greatest Hits lp.

June 1993: Aside from writing tunes with Mutt Lange in London, Bryan and Mutt attended the annual five-
day country music Fan Fare extravaganza held in Nashville, Tennessee each year. Bryan was invited on stage
by Billy Ray Cyrus and says he was extremely embarrassed due mostly to the fact that he didn't know his
toon, 'Achy Breaky Heart'! Had a laugh all the same.

July 1993: Bryan headlined two huge outdoor shows in Imst, Austria on the 9th and Zurich, Switzerland on
the 10th. Support acts in Zurich included Mr. Big, The Beach Boys, the Kinks plus fellow Canadians Jeff
Healey and Saga. Other huge-name artists during this three day festival included Lenny Kravitz & Faith No
More, Midnight Oil, Sting and Robert Plant. While in Zurich, PolyGram presented him with a four times
platinum album award for Waking Up The Neighbours. On the 16th, Bryan taped an interview in London to
be included in the Fender Stratocaster Guitar 40th Anniversary television documentary. Other artists
including Mark Knopfler (Dire Straits), Dave Stewart (Eurythmics), David Gilmour (Pink Floyd) & Keith
Richards (Rolling Stones) also took part in the special.

Oct 1993: In early October 'Please Forgive Me', tune written by Bryan Adams and Mutt Lange enters the
charts worldwide! It debuted at #2 in singles charts in Italy and England, #3 on MTV in the UK, #2 in
Spain by Christmas. Entered the Aussie charts at #6 and #1 two weeks later. Mid October saw the recording
of the mighty “The Three Musketeers” movie soundtrack song 'All For Love' at AIR Studios in London.
Sting and Bryan did their bit and then two days later, Bryan flew to Los Angeles to record at Cherokee
Studios with Rod Stewart. By this time 'Please Forgive Me' was #2 in Britain.

Nov 1993: November rocked! Bryan, Rod and Sting were officially brought together for the first time on the
4th to shoot a video for 'All For Love' at the ratty old Ritz Theatre in Elizabeth, New Jersey. This was the
first time that Rod and Sting had ever met. 'All For Love' debuted at #9 on the national charts. Bryan spent
his birthday on the 5th “LOUDLY” with manager Bruce in New York rocking out in a few bars. The
greatest hits lp,'So Far So Good' including the brand new single, 'Please Forgive Me' was released on the
9th, entering the UK charts at #3. The album cover featured four different colorized versions of “the tire”-
and a special lyric book mail order offer which contains exclusive portrait and live photos taken by Andrew
Catlin. It has reached the #1 chart position worldwide. Canada, UK, India , Belgium (11 weeks), Sweden
(7 weeks & counting), Ireland, Finland, Denmark, Austria, Norway, Portugal, Switzerland and Italy(It has
sold more copies there than in Canada). Both 'Please Forgive Me' and 'So Far So Good' ended the year at
#1 in OZ. The Tonight Show was filmed in Los Angeles on the 10th and 'All For Love' hit North American
radio the same day. The long awaited CBC documentary ” Waking Up The Nation” aired in Canada on the
14th. Bryan Adams Day was celebrated on MTV Europe on the 18th- an appearance on “Ray Cokes Most
Wanted” program.

Dec 1993: Bryan was in New York on the 2nd for press interviews and a rear appearance on MTV's John
Stewart Show singing the 'Summer Of 69′ !!! and then off to do The David Letterman Show on the 3rd
with another rare live recording of 'Run To You'. He went back to London for the remaining two weeks
before embarking on the beginning of the 'So Far So Good World Tour'! At the end of December, Bryan
landed in Jakarta, Indonesia to begin the eight week long tour of SE Asia. One of the highlights of the tour
was the show in Vietnam-where Bryan was the FIRST WESTERN ARTIST to ever perform. Concerts
continued throughout several countries including India, Bahrain,Dubai, Hong Kong, Australia, New Zealand
and Japan before wrapping up in Korea on the 22nd of February,1994. All in all over 100,000 fans saw the
tour in Asia alone!!!

Jan 1994: In January, ARIA the BEST OF Charts had 'Please Forgive Me' as the 10th best single and 'So
Far So Good' the #6 best album for 1993.'So far So Good' was the #1 album in the country and was
Bryan's third #1 single in Canada.YEAH!

Feb 1994: During the tour in Australia, Bryan performed at a late-added benefit concert on the 11th in
Sydney. Alongside Sting ( Yes! they performed 'All For Love' together), and Jimmy Barnes, they played to
over 25,000 people and raised over 600,000 Aussie Dollars for victims of the Bushfires which devastated the
environment, wildlife and homes in New South Wales. The day after the benefit concert, Bryan appeared on
'Hey Hey It's Saturday' Aussie television program with Molly Meldrum. The Video package “So Far So
Good and more!” was released in Europe early February and debuted at #2 on the UK video charts. The
rest of the world would see a release by the end of March. The 90 minute compilation features a mix of old
and new videos: including a special Ken Russell video of “Diana” and live version of 'When The Night
Comes' recorded in Vancouver; live concert footage and more.

March 1994: Tour dates were being added around the globe! A single US date was scheduled at Madison
Square Garden in New York for the 6th. The show was a phenomena and a surprise finale ended the evening
when Sting (who was performing downstairs at the same complex) joined Bryan on stage to sing 'All For
Love'…and the crowd went wild! Tickets for the three Vancouver booked for March 18th,19th and 20th
were sold out quickly. The first concert in an incredible 54 minutes.

May 1994: Bryan received the World Music Video Award for 'Best Selling Canadian Artist'. Polygram
presented Bryan with custom made platinum Fender guitar to commemorate worldwide album sales of over
40 million. The mayor of Cleveland, Ohio dedicated May 21st as Bryan Adams Day in recognition of his
work with Amnesty International, Greenpeace and his contribution to the world as a humanitarian and
environmentalist.

Aug 1994: SDR3, a southern German station, joined by nine other radio stations across Europe, conducted
their public poll of the TOP 1000 XL charts. NINE Adams songs were listed, with 'Summer Of 69′ at #7.

Sept 1994:Bryan received the award for 'Best Foreign Video By A Canadian Artist', the song that
catapulted this significant win was 'All For Love' with Rod Stewart and Sting. All this happened on the 29th
in Toronto, Ontario while performing live at the Much Music Video Awards.Bryan was special guest to
World famous classical tenor, Luciano Pavarotti at his annual television special from Modena, Italy on the
13th broadcast live in Italy, South America and a few other countries including Germany.

Nov 1994:Much to Bryan's surprise, he was awarded the honor of Best Male Vocalist by Tracy Ullman at
the first ever MTV Awards on the 24th in Europe. Other nominees included Prince, Springsteen,Seal and
MC Solaar. He also gave out the award for Best Group to British Pop Group “Take That”.

Dec 1994:Bryan received 'International Artist Of The Year' by the Australian Music Association.

Also In 1994: Music & Media Magazine in Europe awarded him with the #1 Selling Album Male Artist.

1995 So Far: Bryan was nominated for 'Favorite Male Artist' at the American Music Awards in January.In
February the “Brits” have nominated him for 'Best International Male Solo Artist'. The “Echo Awards” in
Germany have nominated him for 'Most Successful International Artist'. The Grammy's nominated him for
Best Pop Vocal Collaboration (“All For Love”) March 1st, with Sting and Rod. Bryan completed recording
a single for the Motion Picture Soundtrack, 'Don Juan DeMarco'.'Have You Ever Really Loved A
Woman?' was lyrically composed by Bryan Adams, Mutt Lange and Michael Kamen.The song was recorded
in Jamaica with genius flamenco guitarist Paco de Lucia. The movie stars Marlon Brando, Johnny Depp and
Faye Dunaway. Bryan recorded the song in Jamaica in late February. The single hit the radio internationally
in the third week of March and became available in stores worldwide in April. The B-side features another
brand new Adams tune titled 'Low Life'. Bryan opened the brand new MOLSON AMPHITHEATRE in
Toronto, Ontario May 18th & 20th. Bryan Adams has topped the North American charts once again with his
song 'Have You Ever Really Loved A Woman?' from the movie soundtrack 'Don Juan DeMarco'. The song
reached the #1 position on the Billboard charts in the USA the last week of May and remains #1 on the
Canadian charts. This is Bryan's third #1 soundtrack hit, the other two being '(Everything I Do) I Do It For
You' from the movie soundtrack of “Robin Hood: Prince Of Thieves” and 'All For Love' from the movie
soundtrack of “The Three Musketeers”

Bryan Adams , 5.0 out of 5 based on 1 rating
Betygsätt Bryan Adams


関連学校プロジェクト
Nedanstående är skolarbeten som handlar om Bryan Adams eller som på något sätt är relaterade med Bryan Adams .

Kommentera Bryan Adams

« | »