.COM

中学校からの学業やエッセイ
検索学業

私立学校

特別な作業の対象と目的

本報告書の基本的な考え方は、まず、見つけることですなぜ私立学校は公立学校への脅威である場合に、第二、市立学校に優先し、多くの私立学校(私立学校)。 研究のデザインは、スウェーデンの私立学校の現状を提示すると無料で学校に関する議論で異なる意見と引数を示すことです。 この分析、具体的かつ管理を行うために、私はフランスの学校の例を使用することを選択しました。 私の質問は次のとおりです。必要な私立学校? フランスの学校のケーススタディ。

フランス語学校の学生として、私は、いわゆる「学校のお金」と私立学校に関する教育大臣Ylvaヨハンソンの改革案についての秋学期1996多くの情報で得た自由学校の校長に関係なく来自治体からの教育助成金で学校を選択する学生の能力、すなわち。 フランスの学校のディレクター、ヴェロニクLönnerbladは、学校のお金が独立した学校の生存を守るために必要であることが開催された世論のより重要な代表の一つでした。 これは前年に比べ進んでいるように私は、無料の学校に関する議論のプレゼンテーションで、このさらに説明します。

これは、すべての興味を持って私を持って、議論に従事し、前後に議論します。 私は私の特別な仕事のためのトピックを決定する困難な課題に直面していたときに、私はすべての「私立学校」をテーマに考えての調査を行うために昨年秋から急に私の考えを思い出しました。 とりわけ、学校は本当に市立学校の存在に脅威を与えるかどうかを検討します。

方法論とアプローチ

私は個人的に設計された2つのアンケート、校長ヴェロニクLönnerbladのインタビューや学校のお金を削除するには、どのように、これは独立した学校に影響を与える可能性がある提案/意思決定に関する国家機関と教育省からの報告の数に基づいて大幅に持っているこの特別な作品。 私立学校の一例として - - 2調査の目的は、フランスの学校かどうかを調査することであった評判と自身の特定の目的に恥じ:フランス語の十分な知識を提供し、より人間中心の教育を実施し、フランスは最も重要な文化的な国の一つです。
調査Bは、学校の生徒のサンプルに宛てながらアンケート(付録1を参照)、フランス語学校で子供を持つ親のサンプル宛。

述べたように、私は私立学校というフランスの学校の役割を引き受けています。 私自身は、校長にあったが、また行くので、主に無料の学校での議論を大幅にされています。 しかし、私はフランスの学校の例から引き出すことができる結論は、他の私立学校に適用されることを信じています。

しかし、一つは材料の私の選択に若干の歪みを見ることができます。 そのことを私はすべての情報を取得するために管理していないので、部分的に私が使用することを意図し、私の(下記参照)。 私は私の仕事の意味に私の思考の一部に、この主観性を行うことを選択した理由の一つの問題を生成するだけでなく、ビューのfriskoleelevs点からこれを実行するだけではなくなりました。 この位置は、私が私自身の経験や意見のほとんどもっぱら話す私の推論に最も顕著です。

私はいつも、私は私の仕事で私を使用するように意図された情報にまでされていないことを先に述べました。 この例は、庁は、インタビューし、適切な人に設定する(velat-?)できていないということです。 さらに、私は、私立学校協会の住所と電話番号の増加の後に非常に成功していません。 でもテリアのお問い合わせは、組合についての情報を欠いていました。 これは、「既知」と設立された団体があることを考えるとやや奇妙です。

自由学校の簡単な歴史

限り、学校があったとして、スウェーデンの学校がありました。 1800年代と1900年代初頭の間に、これらは、自治体、(今日より割合以上)非常に多くの学校今日の公共の代替ました。 それらのほとんどは女子校でした。
戦後ではスウェーデンの学校制度を構築し、彼らはもはや以前のように私立学校のために同じ必要性を持っていませんでした。 しかし、それは例えば、言語的、文化的、宗教的性格を開発し、まだ学校について陽性でした。 実際には、正確に学校が状態からの助成金の対象とするための条件が満たされるべき公立学校から外れたこの特異でした。 今日、これらの条件を除去しました。
学校制度は、スウェーデンで開発された方法を示していますいくつかの日付:

1842年には義務教育と、すべての自治体が少なくとも一つの認定教師と学校でなければならないことを意味小学校憲章を導入しました。

1858年には小学校が部品、小学校と実際の小学校に分割されることが決定しました。

1878は、小学校のための標準的なカリキュラムを確立します。

1914教育の人民国家委員会の設置など

1920は管理のグラマースクールと合併しSkolöverstyrelsenを形成しています。

過去7年からの変化 - 1950年に、それは9年義務教育の導入に議会で決定されます。 カリキュラムは策定されています。

1991学校の自治体の責任を向上させます。 教育と教育の郡委員会の国家委員会は、政府機関によって置き換えられています。

1992新しいfriskolereform(選択肢改革)を導入

1996年議会は、学校のお金を削除することを決定。

私立学校のいくつかの一般的なデータ

私立学校では、一般的に自治体に駆動され、したがって、このような基礎、協会や協同組合など、さまざまな主体を、持っているされていない学校を意味します。 しかし、そうでない場合は独立した学校の中で多くのバリエーションがあります。
たとえば、あなたは自由に自分の目的のために学校や「特選」分けることができます。
特別な教育を受けたユーロ校(例えばウォルドーフとモンテッソーリ)
宗教的な性格を持つ学校¤
言語学を専門とするユーロ校(例えばフランス語学校)
国内および/または文化的な方向性を持つ¤学校
ユーロインターナショナルスクール
¤他、公立学校。

一つは、さらに、親の協力として、市立学校のテンプレートの下で、伝統的な学校経営と「校長、教頭、管理、教員と非伝統的なリーダーシップを学校を区別することができます。
私立学校の大きさは、フランスの学校を含む500人以上の学生、と大きな学校に、すべての段階を含め、唯一のダースの学生と非常に小さな学校から、大きく異なります。

しかし、すべての上に、一つは、彼らが学校で料金を請求すなわち場合は、全体的または部分的に公的資金によって賄わかどうかに関して、独立した学校を分割することができます。 手数料の質問は、多くの私立学校に非常に重要です。 小学校では手数料は学年あたり000 000 3〜5異なります。 ほとんどの学校では、しかし、4000と5000の間KR課します。 高校では、典型的な料金は7 000よりも少し小さいです。 すべての私立学校の平均料金は、生徒1人当たり1995 2 200でした。 これらの計算では、1は、任意の手数料を請求しない学校でカウントしています。 実際の数は実際の平均よりもより高いです。 また、図には、(国際同様に他のいくつかの例外的なケース)自治体の拠出を受ける権利を持っており、この充電異常に高い料金の結果、ないそれらの学校とカウントするようにわずかに増加しました。 その後、利点と任意の生徒料は年間学生一人当たりの平均料金SEK 5 000外になり取らない人に資格を与えていない学校を削除カウント。

土地にある206校のうち144を取る任意の電荷を徴収していない、すなわちだけ62行う者があります。 スウェーデンでは無料の学校よりも多くの自由な学校があります。 他のヨーロッパ諸国と比較して、これは珍しいです。 小学校の数だけ例えばイングランド、または米国では、高校の数はそれ以上の代替。 35トール中等学校の20で学校給食の支払いに手数料を意味していました。 テンなどが教材、教材や任意の訪問を支払うことを意図した手数料を取りました。 彼らは最高の報酬を持っているので、国際学校は、地方自治体の貢献する能力を持っていません。

公立学校とは違って、私立学校は彼らの購入に消費税を払う必要があります。 一般的には、授業料と施設のための私立学校低コスト、より高い人員比、しかし、低賃金とより多くの仕事、よりよい学生のケア、食事、教科書や学校経営と。 家賃は低い(一般的に言えば、現実には、国のさまざまな部分で大きく変化する)なぜ、わざわざ平均で、公立学校で通常の15平方メートルから学生一人当たりのオフィススペースを減らすことによって、これらのコストを抑えるためにしようと無料で学校にあります11平方メートル。
ボランティア活動は、hemspråks-と矯正指導、管理作業や親との会合に関連して、たとえば、公立学校よりも私立学校では約40%より優勢であると考えられています。 なお、大きいよりも小さい学校で流行しているボランティア活動。

上記の点に加えて、私は公立学校と私立学校の操作で他のいくつかの違いを指摘しておきたい、これが学長として生徒、教師にどのような影響を与えますか。 彼女はおそらく他の学校で他の人のプリンシパルを知っていればフランスの校長とのインタビューで、私は質問をしました。 「はい、私が行うには、「彼女は独立した学校や自治体、学校の両方のプリンシパル "と答えた、と私は私が行う仕事や他の自治体の学校の校長との間に有意差を参照してください。 主に非営利の点で、私のためのように、大部分はフランス語教師、管理者として一時的な位置を含み、私の副業外研修コースのそれを超え、様々な。 さて、最近では、それはまた、テレビや新聞のインタビューの多くなってきているが、この仕事はかかりますが、私は私のために幸せを超えると思います。」

フランスの学校今日のプレゼンテーション

フランスの学校は、フランスのプロファイルを持つ私立学校Svenkです。 実際には、これは、学生が最初のクラス5から7時間40分フランス語毎週を有することを意味します。 他の学校では、被験者の教師よりも、この主題についての知識が豊富。また、学校のフランス語教師。 したがって、我々は、より多くの教師だけでなく、学生が必要です。 フランスの学校は、多くの優れたフランス人の先生を持っています。 これは、(たぶん)フランス語学校に他の学校と比べて彼らの教育の高い基準を有することができます。

これは、CAの合計がある高校に主に適用されます 200生徒。 1500生徒と地元の「ビッグ中等学校」の一部と比較すると、誰もが個人やない質量のほんの一部であることをはるかに個人的な、個々の意味でのフランス語学校です。 一人の学生が7教師がきれいな廊下にお互いに挨拶するために、ある程度、生徒のことを知ると、恥ずかしがり屋のない質問するアンケートBに答えとして、「あなたは、自分のアイデンティティーのうち、より多くを取得し、紙の上でのテスト結果だけではなくなります」教師や学校に関連した問題や何か他のものとの可能な助けをしても主体にオンにします。 時々、ダイニングルームで同じテーブルに座って食べます。

これも一つは教師のためのより多くの敬意を感じているだけでなく、自身のために良い仕事を行うために、よりプレッシャーを感じることなく、彼/彼女の指導が良い先生に証明することを伴います。 あなたは教師が失望したくありません。 これは奇妙に思えるかもしれないが、教師は常に生徒が成功すると、特定の希望を持っています。 これは主に、スキナーが「正の強化」と呼ば、behavioristsものです。 それは親の賞賛と報酬は、あるいは批判と子供に影響を与え、それを適切な道徳的な理解を与えるために子供たちを罰する心理モデルを意味します。 私は、親の役割は一切ありません、先生によって置き換えられているとは言えないだろうが、彼/彼女は子供/ティーンの生活の中で重要な教育的権威になります。

これが適切に行われていると仮定すると、このようなフランス語学校、民間学校の先生は、おそらく "通常の"公立学校の教師よりも、それをより尊重です。 これが唯一の前提であることに注意してください。 しかし、証拠は、教師と生徒の関係はフランスの学校と公立学校の間で異なっていることを示唆しています。 これは部分的にフランスの学校の学生に長期間同じ教師を持っている - 原因 - 時々6歳まで。 学校はすべての段階(低、中、高)も高校が含まれています。

多くの教師が生徒を持っているように、このトラックは高校で必要とされたべきではないことを、しかし、言います。 実際に責任を取ることができること。 明らかに、この真のリベットが、最終的にすべてが「ニンジン」の両方のために必要な、本を取り出して正当化するために「こだわる」常にあることを知っています。 そして、学生の小さい数は、各1の別の肯定的な側面に教師に多くの時間をリードしています。 より良い結果を得るために、より良い指導。 作業は、両当事者から、より正確に行われます。

多くの場合、人々はそれが "のようなもの」学校であるか尋ねます。 彼らはまた、フランスの方位である私立学校を選んだ理由を知りたいです。 彼らはあなたがあるため、より良い教育のための動機付けの選択をしただろうかと思う、またはそれらは「素敵な人」との時間を過ごしたいので。 そして、どのようにカーネルには、そのような質問に答えるのだろうか? 良い、悪い、楽しく、退屈な...? 私はフランスの学校は私立学校であるという事実は、学生や学校の仕事のいずれかに影響を与えるとは思いません。 フランスの学校の学生は、他のすべての学校で、他のすべての子供たちのようにpreisされます。

多くは、単語「私立学校/私立学校は、 "ヒントsnobbighetを持っており、他の「普通」の学校よりも細かい、より良いように見えるしようとする試みだと思います。 なぜ以前に「微人 "は、少なくとも底面50年代と60年代における期間のほとんどからなり、それはフランスの学校は「既知」であったこと、その後だったのでフランス語学校は自分自身については、この神話はおそらく主にしている - ので、特定の王女Bernadottes学校教育の報道の。 そこに彼らの子供を置く余裕が人々があったことを絵にするとしました。

しかし、これはまた、あなたが教育に持っていた態度を反映しました。 当時ではなく、今日のようにすべての学生(入学)。 でもすべては義務教育にもかかわらず、小学校を出て行ったわけではありません。 彼らは多くの場合、すでに15歳の時に工場で働き始め、その後、したがって考え動作するのに十分な教育と成熟度を持っていました。 あなたは良い職業(ない工場内)で、彼らの子供たちのために安全な未来を望んでいた場合は私立学校に入れ​​て。 そして誰もが、この操作を行うために必要な経済的機会を持っていました。 それは彼らの子供が仕事を通じて経験を積むようにする簡単かつ安価でした。 このように、入試は今日と同じ性質のものではありません。

今日、あなたは近くや私立学校、市立の学校に適用される同じ原理と同じ教区に住んでいる場合は、許可されるかどうかを決定する主なものは、(研究は、小学校の生徒の95%が関係なく、そのプリンシパルの、最寄りの学校に通うことを示しています)。 また、あなたが入学キューに取得し、成績どのサイトを決定します。 そしてもちろん、競争は入学のために激しいです。 小学校用のサンプルを通じて採用され、学校への学生の入学は中学の春学期からの最終的な成績を介しています。 社会科プログラムはCAを適用するために、平均以上の4.5を持っている必要がありますクラスの性質に取得するには 3.9。 これは毎年変化します。 今また、新しい評価システムが付属しています。 (中学校への入学は、ほとんどの部分は、これらのklassserが溢れている主な理由は、小学校や高校と同じ規模ではありません。)

フランスの学校は、このように彼らの教育の非常に良い標準を持っており、生徒が学校で自分の時間の多くを費やす気にするが、これは、教師、生徒や保護者かどうかのステータスに関するもちろん何も述べています。 この時点で、フランスの学校おそらく、スウェーデンで最も「混合」学校の一つ。 それだけであること神話簡単な人々と「肘をこする "法的、外交子供たちは、親彼らの胸はしたくないストックホルム、より細かい部分で育った」、このすべては、このように間違っています。 全国の31の異なる自治体からの家族は、すべて「SNOBS」することはできません!

しかし、フランスの学校についての他の神話もあります。 他の人は、彼らが学校が完全に両親私立学校に子供を置くために彼らの小銭を集め移民の子どもで構成されていることを知っていると考えています。 これは試してみて、そうでないものとして表示することです。 私は最初に、学校は自分自身についてなどの逆説的な見解を持つことができることを少し奇妙だと指摘し、この神話をコメントする前にしなければなりません...!

戻る移民家​​族に。 確かväletebleradeためのもの移民政策の呼び出しは、社会的支援や他の手段に依存している、よく調整し、通常の統合された家族が、そこにフランスの学校は、移民家庭の子供たちがたくさんあるが、これらはどちらも特に豊富でも貧しいありませんが、あります「社会への負担を衰弱させます」。 とにかかわらず、別の生徒の社会的地位の、それらはすべて、それらを統合し、それらに共通målsträvan感を与える相互接続する地面を持っています。 この「リンク」は、私の経験で公立学校には学生を持っていません。 私はフランスの学校は財政的に保護された将来のより多くので単一の学生を持っていないと言うことは、上記をしようとしませんでした。 多くは明白ですが、私が意味することは、彼らが自分の将来の職業で成功するために持っていますが、理由の知識/研究、およびそれらのモチベーションへのアプローチの「罰金」スタンプフランス語学校によって誘引されるので、彼らは一般的にそこに行っていないということです。 少なくともこれは、私の調査では、フランスの高等学校または高等学校に来た人のための基本的な理由ものです。 私は公立学校の子供たちの両親は、必ずしもこのモチベーションを欠いているが、子供たちはフランス語の学校に入れ​​ている理由羊の理由を研究するために高い割合フィギュア意欲を強調したいだろうと言わないだろう。

フランス語学校についての意見

さらに学校の知覚を調べるには、内部に、私は2つの調査をしました。 調査の組織の説明については、付録1を参照してください。

調査は両親(調査A)を目的とした、私は、次の受信:フランス語学校はその後、フランスの学校で一つの代替幼稚園に彼の2人の子供がいるmedeltypföräldrarnaするには、 彼らは、すぐに機会が与えられたとして、子供たちを入力し、子供が4歳、すなわち。 彼らは親の一方または他の相対はフランス語圏であり、家族が以前にフランス語圏の国での長期滞在を持っていたことを相対知人/、の推薦でフランスの学校を選択したとします。 例良い多くで母親は以前にフランスの学校の学生でした。

調査では、子どもが開始する前に、ほとんどの親は、フランス語学校について多くのことを知っていたことを示しています。 学校の歴史や背景、言語上の深刻な焦点と統合されたヨーロッパ、規律の将来のためにその重要性や学校全体で道徳や倫理を重視し、他のものよりも学校のスタンプ「細かい」:あなたは知っていたものの例。

アンケート調査もではなく、ほぼそれは圧倒的に否定的なイメージを与えた程度に、教員、施設、などと一定の不満を示しています。 多くの親はまた、子どもたちが学校に行ってきましたので、最近、それをさらに肯定的なものを発見したこと、反対に答え。 他のものの中で、子どもたちの教育の面でも、学校の活動の両方の教師と生徒の信じられないほどの約束。 すべてのすべてで、親が自分の子供のための学校の彼らの選択に満足しています。 彼らは典型的な値として8で、10のうち8.5平均評価を得ています。 れていない単一の親は、5以下の評価を与えたこと、ほとんどが不満でした。

調査では、両親はフランスの学校は意味、「細かい」学校であることを考えていなかったことを示し、「子のみから裕福な家族がそこに行きます。」 しかし、彼らはコミュニティの多くはそれを信じていることを認識しています。 自分自身、彼らはスタンプが消去され、消えされていることがわかります。 比較は、フランスの学校よりも上の定義によって「空想」としての学校を考慮はるかがあることを実証するための文章では、個々の学校、シグチューナとLundsbergを用いて作製しました。 親によると、少し細かいのフランス語学校を作るものとして外の世界で解釈できる唯一の​​ことは、それが教育のさらなる発展に非常に興味を持っているウォーレンバーグ財団が主催する権限を持っていることです。 これは主に学校は90年代初めに行われたリフトを作るために管理寄付金のおかげです。

親が学習の需要と高い入学基準は、私が前に説明したクラスの生徒の組成物に影響を与えることを強調しました。 グレードは決定しているため、異なる社会環境からの留学生。 多くの親は偉大な親の関与について話し、フランス語学校の多くの伝統は、学校の質を向上させるので、より良い、より微細なない場合は、それを作るこれ、持っています。 片方の親は書いた: "フランスの学校の親が公立学校に比べて両方の教師と校長(典型的なフランスの礼儀)によって、より敬意を持って扱われています。 これはまた、子供たちに私がどこにも経験していない刺激を与えます。」

完全にフランスの学校の両親の正の認識は力なり得ることを私に保証するために、私もBは学生に向けた調査を行いました。 目的は、両親の答えを比較し、それらが一致していたどのくらい見ることでした。 ほとんどの答えと一致しましたが、elvernaは両親と同じ高い評価全体として学校を与えていません。 もちろん、これは学校にいくつかの間違った態度を与える生徒の学校の疲労、に起因する可能性があります。 35学生は学校の彼らの選択に満足していることを22に答え。 このうち、75%は、彼らが小さかったときに両親によって行われたこの選択を与えられていました。 その結果、1月4日の間、および1/3は1その後、学校に行って、これはそれらに学校(一般的な学校の疲労よりも)との不満の圧倒的な感覚を与えていません。

彼はフランスの学校の主要な文字の特徴の一つであるとして、ペースを差し込むため、部分的には年間9で生徒を検討するように追いつくのは難しいですが、これはすべての主要な合併症を伴わないこと。 (おそらく同じ程度)の学生の一部はまた、彼らは常に教師が教えしようとしているものを理解していなかったと答えたが、私はそれが問題視されなければならないことをポイントに自分の学校の仕事に影響を与えないと言うように、これは次にあります。 でも問題の3Cおよび6bは、(附属書1でアンケートを参照)ハード学校速度に問題があることを示しています。 これらの場合はもちろん、単に規模での平均値を中心に、それは「大丈夫」以上のものではありませんされている5.2または可能な10の4.7の平均評価でした。

一つは、ハードプラグ率は、他の学校でのクラスに比べて、チームの精神とklassammnhållningの損失につながるだろうと想像することができます。 しかし、問題6dは(他の点よりもはるかに良い。)は、平均でフル7.0を得ました。 私たちは、これがそうでないと結論付けることができます。 プラグペース分割は、クラスではありません。 激しいペースはむしろ接続するリンクであると私は、学校の学生として、言ってもあえて。 彼らはわずかに悪化しており、学校で自分自身のために少し簡単にそれを持っている人は、この結果として、すべての後に親和性を感じています。フランスの学校の元生徒が私に言ったように、「それは、同じヨークを運びます」。

彼らは学生が彼/彼女が教師と通信する機能、すなわち、彼らの状況に影響を与える「力」を持って感じているかどうかの一般的な画像を提供するように質問4と6、私がコンパイルしています。 質問6a上平均グレードは5.4だったとモードは、これは、したがって、基本的な品質問題の一つ、それは、より少ない数であることを起こると言われている学校「誰もが、知っている - 皆症候群」のそれを証明している5と7にありました生徒と教師の間に近い接触につながる学校の学生、。 これにもかかわらず、生徒と教師との間の接触に35回答者のうち24学生は、十分ではなかったので、改善し、仕事などの学校の構造に影響を与える大きなチャンスにつながるべきだと述べました

その全体では、学校は6.9の平均評価、およびモード8(グラフXを参照)で評価5と8の間に受け取りました。 イレブン・ファンドは、したがって、学校とその成果に満足しています。 彼/彼女は彼/彼女は強調し、質の高い教育の重要性を理解ストックホルムのより静かで規律学校、のいずれかに行くことを得るために幸運であったと考えています。

アンケートB(学生)の質問7でそこに行く学生ので、彼らは「細かい」学校としてのフランス語学校を見たことを4に答え。 彼らの他の応答が判断するのは、私が「細かい」の定義これはsnobbigareと若い小学生であることを解釈することができます。 7に疑問を「はい」と答えた5人は、これは、より良い教育とより多くを意味することを強調しました。

尚良い仕事率、他の学校、穏やかな、より規律の学習者、より良い食品やよりよい施設よりもはるかに多くのサンプルを持つ学校として一般的にフランスの学校を見ました。 しかし、ビューは、人々の間で大きく変化。 学長ヴェロニクLönnerbladは「学校は「空想」ではありませんが、それは良いですし、良い評価を得ていること、例えば、考え。 残念ながら、フランスの学校は、その上に古い切手は俗物の学校であり、かつこのスタンプは除去するのが困難です。 しかし、それは本当にrättigadされていません。 なかでも、今日では、社会の中でグループ間の分布に公立学校におけるよりもさらにはるかに広まっている "もう一つのコメントがあった:"。一つは、これは学校のように、ただの神話やファサードであることがわかりますので、ここにいました外側に維持しようとしたが、実際にはそれだけで、他の学校と同じ問題の種類に任意の時間でのようなものです:窃盗、okamratskapと集中の難しさ。 議論の両側でこれを実現していない人です。」

しかし、また、いくつかのフランス語学校の静かな設定は、これらの学生は、いじめ、盗難や破壊行為が何であるか現実かわからないことを、閉じて保護された世界を表していると危険だと思った人がありました。
無料の学校についての議論
1992年の改革
政府ビル1991年から1992年の結果として導入された、いわゆる「選択改革の自由」によると: - 生徒1人当たりの「授業料」の形で95承認されたすべての私立学校は、生徒の家庭の自治体の権限を付与し得ました。 これらの寄与の大きさは1つが自分自身、市立学校で生徒1人当たりの平均に費やすどのくらいの自治体の計算に基づいて行われます。 すべての自治体は「市立学校の生徒」の費用の15%までの控除を請求することができます。 それは私立学校は、その中の公立学校は、彼らが彼らの学生市立学校など学校の輸送、選択科目、ホーム語学、補習教育や医療の同じ偉大な範囲を提供しなければならないような大きな支出を持っていないことを考え出したと言われているためです。 私は先に述べたようにまた、私立学校が少ない(平均)公立学校よりも学生一人当たり、その表面という点で、施設のためのより低い家賃を払います。 無料の学校が故に、その自治体の学生一人当たりの助成金の同じサイズである必要はありません。

改革は、学校制度の両方の選択を可能にすることを意図していたし、それ自体が現代と多元的社会において望ましいので、より多くのオプションを作成するために、教育の質と優れたコスト効率を改善するために、選択の自由。 結果は、わずか数年の時間の私立学校の数が知られているように、またでした。

1996年の改革

1995年に、政府は多くの地元当局は、少なくとも短期的には、より多くの学校と学校のシステムでは、特定の「過剰生産能力」を作成したという点で、新しい資金調達規則は全体として学校制度のための彼らのコストを増加させることを考え、特にため、教育助成金のシステムに疑問を始めます。 学校のお金は、そのコストや学生料を私立学校にどのように影響するかを調べるでしょうfriskolekommittéが追加されました。 その報告書では、委員会は、学校の金の廃止を提案し、それが、その代わりに、各学校は、影響を受けた自治体エンジンと交渉しなければならなかったの貢献のシステムを導入します。 提案は、全国の私立学校の明確な損失に会いました。 国家機関の協議の後、競争庁、独立学校協会と他の当局や金融機関の数は、特定の改正が行われたが、によると、大は1996年12月議会で採択された政府の法案になるための提案が来ました。
したがって、これは学校のお金は1997年7月1日から消えると私立学校へホーム自治体の貢献は、除去の自治体の独自の平均費用の一定割合とすることを支配することを意味します。 決定はまた、学校は誰にでも開かれているべきであること、したがって、教育学校は授業料を請求しないことが含まれます。

デモ

1996年8月28日は、学校の様々な、1つはskolpengens除去の改革を楽しんで、その全会一致ミスを示すであろうSergelstorgの国のさまざまな部分から人々を集めました。 学校のお金と他の症状についてのお詫び自体は聞きました。 これは、私立学校の保全のためのデモでした。 参加する学生は、時間の前に議会で起こって、どのように可能性の単位として、学校や個人などであっても、学生自身が影響を与えることができたものについての良い情報を受信しました。 多くは、このデモでは議論のために、それは団結位置/意見のプレゼンテーションとしても、また発疹を引き起こすだけでなく、重要であることを望みました。 デモンストレーションだった - あなたは生徒が合格し、望んでどのような鳴き声や曲や他の何かせずに、穏やかな戦いを - 明らかに計画者。 それは、より暖かい夏の太陽の下で一部の集団散歩のようでした。 また、我々が表現されているものを学校示した機知に富んだ選択肢が、それ以外はなしプラカードやで販売されているもののキャップとブローチを除く(独立した学校を救うために私たちの強い意欲を示したような - フランス語学校から私たちは、自由・平等・博愛を読んでいくつかのバナーを持っていました「フリースクールを保存」テキスト)。 これは予定されていた場合、私はヴェロニクLönnerbladが尋ね校長とき、答えは「イエス」でした。 att man i skolledningen ansett att plakat, sånger och rop hör 1 maj till och inte är av nöden för att föra fram sina åsikter.

Tyvärr fick demonstrationen inte den uppmärksamhet av medierna som man önskat. Endast en av morgontidningarna hade med en notis, medan man i TV visade ett litet inslag på ABC. Rektor Véronique Lönnerblad säger dock att hon trots allt inte ångrade att denna demonstration genomfördes.

“Kvällsöppet”

Vad som dock orsakade ett uppsving för opinionssidan (friskolornas) var det inslag i “Kvällsöppet” på TV2 där bland annat Franska Skolans rektor Véronique Lönnerblad blivit ombedd att ställa upp. Hon hade nämligen figurerat en hel del i tidningarna under en tid i samband med friskoledebatten, med artiklar både av henne själv och om hennes kamp för sin skolas överlevnad.
Man diskuterade om hur bidragen i framtiden ska sökas i konkurrens med de kommunala skolorna och hur detta kommer att leda till beroende av de kommunala politikernas personliga och politiska åsikter. Ett socialdemokratiskt kommunalråd menade naturligtvis att det nya systemet var bra för att främja en likvärdig utbildning i hela landet och motverka segregerande skolor. Och en riksdagsledamot från regeringspartiet menade att friskolorna nu hade fått vad de alltid velat, lika behandling med de kommunala skolorna, och att de i praktiken kunde räkna med samma täckning (minst 75%) för sina utgifter. Att en skola som Franska Skolan skulle få en orimlig situation med förhandlingar med ett 30-tal olika kommuner som alla kunde göra olika bedömningar och förfärligt mycket pappersarbete insåg riksdagsledamoten men tyckte inte det var något regeringen kunde ta hänsyn till.

En företrädare för Stockholms Universitets Studentkår påpekade att tom Skolverket hade ansett att man med det nya systemet “utelämnar friskolorna åt kommunernas godtycke” och att det är mycket egendomligt att en kommun både ska vara huvudman åt de egna kommunala skolorna och samtidigt avgöra existensen för konkurrerande skolor. Han menade också att man i framtiden behöver fler skolformer, inte färre, och att om man tar bort de alternativ som redan finns kommer man att “eliminera det mångkulturella Sverige”.

Om avgifterna

Enligt det nya riksdagsbeslutet får inga elevavgifter tas ut i grundskaolan. Vad gäller gymnasiet så ska storleken på elevavgift bestämmas av Skolverket och skolans rektor tillsammans. Argumentet mot elevavgifter är naturligtvis att det skulle skapa en segregation mellan socialgrupperna genom att endast barn till föräldrar som hade råd att betala avgifter skulle gå i friskolor. I andra länder är variationen lika bred som i Sverige (hittills) gällande både avgifters förekomst och storleken på de avgifter som tas ut. I England, där mängden friskolor är procentuellt större än i Sverige (40% av alla skolbarn går i friskola), är avgifterna relativt höga på grund av att staten vägrat friskolorna bidrag. Även i Danmark finns många friskolor och även här är socialgrupp 1 och 2 överrepresenterade, vilket man dock försökt motverka genom att staten bestämt att gå in och sponsra en del sk friplatser så att ett antal elever ska kunna gå i skolan tack vare en form av stipendium.
I boken “Avgiftsbelagd utbildning i privat regi” påstås att elevavgifter befrämjar föräldraengemang: att föräldrar engagerar sig mer i skolans verksamhet eftersom de vill ha valuta för pengarna de lagt ut. Även elevernas motivation till studierna skulle med detta resonemang öka, eftersom de är måna om att få ut maximalt av de pengar som deras föräldrar har satsat. Man tror att borttagandet av denna avgift skulle leda till minskat engagemang.

Om bidragen

Slopandet av skolpeng, dvs en bestämd ersättning till friskolorna, som träder i kraft i och med den kommande höstterminen, och som innebär att det blir upp till varje kommun att själv avgöra hur mycket bidrag man vill ge de godkända friskolorna, riskerar att betyda hårda tider för friskolorna i Sverige, och därmed för Franska Skolan.

175 av Sveriges alla 188 kommuner betalar idag ut bidrag till olika friskolor. 31 av dessa kommuner är gällande för fallet Franska Skolan. Detta kanske inte låter mycket men om man betänker att den vanliga procentandelen elever från annan kommun är ca. 20% så får dessa siffror en mening. För att vara en skola med lite över 750 elever så blir det en hel del. Främst visar sig detta när förhandlingar om bidragen måste genomföras. Först och främst ska man med varja kommun göra fyra olika förhandlingar, beroende på vilket stadium de olika eleverna går på. Därefter ska dessa fyra olika förhandlingar genomföras så smärtfritt som möjligt med 31 olika kommuner runt om i landet. Resultatet blir heller inte alltid positivt. Mycket tid och arbete går åt till detta. Självfallet kan en skola som Franska Skolan inte klara detta på lång sikt, vilket alltså kan få till följd att skolan blir tvungen att segregera: dvs att välja ut de elever som kommer från en lämplig kommun för att slippa alla dessa förhandlingar.

För de kommunala skolorna har elevkostnaden höjts den senaste tiden. Men det rör sig om en höjd totalkostnad på grund av att antalet elever har ökat, vilket innebär att kostnaden per elev är i stort sett oförändrad. Detta förhållande “drabbar” indirekt de fria skolornas bidrag, genom att det blir avgörande för storleken på elevavgifterna. I genomsnitt av de kommunala kostnaderna för grundskolorna går 1.6% till friskolor. I kommunala skolor var (1995) den högsta kostnaden per elev och år 81 700 och den lägsta 37 900 kr beroende på kommun. I friskolorna var den genomsnittliga elevkostnaden 47 300 kr per år.

Rätten till kommunalt bidrag kan tas bort om 1) skolan vägrar ställa upp på de inspektioner och årsredovisningar som Skolverket kräver, 2) utbildningen skulle kuna innebära påtagliga negativa effekter för andra skolor i samma region, 3) skolan tar ut oskäligt höga avgifter enligt Skolverket.
Friskolorna är skyldiga att göra en inrapporterig varje termin (en på hösten med elev- och personaluppgifter och nionas slutbetyg från föregående vårtermin, och en på våren med intäkter samt föregående läsårs kostnader) och dessutom vara beredda på en inspektion av Skolverket .

Om konkurrensen mellan friskolor och kommunala skolor
En del av den starka kritik som riktats mot reformen 1992, som ju införde en sorts likabehandling av friskolor och kommunala skolor, kom från lärarkåren på många skolor på många håll i landet. Dessa lärare har en kritisk syn på vad de anser vara skolans utveckling till en marknadsvara. De menar att skolan ska stå för sammanhållning och integration på lika villkor, vilket inte stämmer överens med den ökande konkurrensen och “survival-of-the-fittest”-principen som kommit att råda inte bara allmänt i arbetslivet utan nu också inom skolvärlden.

Många kommuner menar också att konkurrensen medfört problem för de “egna” skolorna när nya friskolor etablerats tack vare de kommunala bidragen och lockat till sig många elever. En del studier har också bekräftat att det i några enstaka fall har hänt att en kommunal skola har varit tvungen att läggas ner på grund av att alltför många elever beslutat att byta skola. Vad dessa studier dock inte kunnat påvisa är om eleverna valt att gå över till en friskola för att denna skulle ha en bättre kvalitet på undervisningen eller av något annat skäl, som t ex att en rad familjer blivit tvungna att flytta på grund av arbetsmarknadsskäl.

En rapport från Skolverket gör gällande att det finns vissa exempel på att reformen “drabbat” ett samhälle. Ett exempel är kommunen G som är en storstad med många likheter till Stockholm, där friskolorna trots sin hotade situation stadigt ökar i antal och många elever gått över till de nystartade skolorna. Det råder alltså en stor konkurrens om elever och lokaler, och de kritiserande menar att risken finns att friskolorna skulle få fler förmåner och mer bidrag än de egna skolorna. I exemplet om kommun B, en mindre norrländsk kustkommun, med långa avstånd, dyra transporter, lägre lokalhyror och minskande antal elever, kan man påvisa att det skett en kostnadsökning på utgifterna för friskolorna med 2,2 miljoner kr.
Ett stort problem, framför allt i glesbygder, är att det i dessa områden handlar om att hålla skolan/skolorna vid liv i stället för att inleda konkurrens mellan dem. Jag tycker dock inte att dessa kommuner ser helheten. För anledningen till skolornas tveksamma existens idag är just att de har så få elever och f ö är så små att det är mycket kostsamt att driva dem. Om man lät konkurrens uppstå skulle visserligen några skolor påverkas negativt och behöva stängas, men de som var av god kvalitet skulle dra till sig dessa – och andra – elever och på detta sätt bilda en större enhet än tidigare, och då skulle deras existensfråga vara löst.

Slutsatser och egna tankar

En slutsats som man kan dra av såväl föräldraenkäten som elevenkäten är att Franska Skolan fyller ett behov som alternativ i valet mellan skolor. Föräldrar och elever anser att de får ut extra värden jämfört med om de valt en kommunal skola, och att dessa värden motiverar terminsavgiften. Även det faktum att antalet friskolor i hela landet har ökat de senaste åren, framför allt tack vare skolpengen som givit skolorna en garanterad grundtrygghet och möjligheten att komplettera fiansieringen med elevavgifter, visar att det finns en efterfråga på andra sorters skolor än de vanliga kommunala.

Rimliga avgifter är tydligen ingenting som på ett negativt sätt påverkar föräldrar att välja en passande skola för sina barn, för att få sina önskemål tillfredsställda, även om man kan tänka sig att en sådan initiativförmåga kanske mestadels finns hos högre utbildade och välbärgade föräldrar. Ett större problem för valmöjligheten är snarare tillgången till information.

Att Sverige nu, som Riksdagen beslutat, inför ett förbud för friskolor (på grundskolenivå) som får kommunala bidrag att ta ut avgifter, anser jag verkar vara inte bara onödigt utan även ett tecken på oförstånd och naivitet. För samtidigt vill man ju ändra bidraget från att vara en fastställd, garanterad skolpeng (på 85 % eller 75 % som hittills) till att bli en summa som varje kommun själv får bestämma, och som alltså kan komma att ändras år från år.

För att slippa bli beroende av kommunernas godtycklighet och känna en ständig oro för skolans ekonomiska situation och framtid, kommer troligtvis många friskolor att försöka klara sig utan de bidrag de idag erhåller från elevernas hemkommuner och i stället finansiera verksamheten helt med elevavgifter. Detta kommer alltså i själva verket att leda just till den sociala/ekonomiska segregation som regeringen vill försöka undvika genom att förbjuda skolorna att ta ut avgifter!

I stället hade det varit bättre att inte införa något förbud mot elevavgifter utan istället ett ökat bidrag från hemkommunerna för att möjliggöra för alla som vill att sätta sina barn i en friskola. Man har gjort beräkningar på att om detta skulle göras så skulle ca 90 % av de elevavgifter som idag tas ut att försvinna helt.

En viktig konsekvens av att tillåta friskolor på liknande ekonomiska villkor som vanliga skolor är att det uppstår konkurrens. I och med att skolorna kommer att bli beroende av att var “attraktiva” för att familjer ska välja att sätta sina barn där, så kommer pressen att öka på både friskolor och kommunala skolor att höja sin standard och att ha en bättre kvalitet på sin undervisning. Enligt min mening skulle ett friare skolval automatiskt leda till en effektivisering och utveckling av skolväsendet. Dessutom hoppas jag att den tillsyn som Skolverket har och de inrapporteringar som friskolorna måste lämna in för granskning varje termin, kommer att leda till en ökad förståelse och insikt om behovet av kvalitet i utbildningen.

Ett friare skolval betyder dock inte bara högre kvalitet utan också större mångfald. Jag läser i ett pressmeddelande från Utbildningsdepartementet från den 13 november med rubriken “Krock eller möte” där man bl a skriver om hur lärare arbetar i skolor där många kulturer blandas. Ett betänkande om detta tema skall lämnas i slutet av september i år. Mitt förslag till utredarna är att de vänder sig till Franska Skolan för närmare upplysningar och insikter. “Franska” är en oas för familjer med utländskt påbrå och även för andra som är positivt inställda till mångfald och traditioner av olika slag.

Ett problem med hela debatten om friskolorna är att den tagit form av ett “krig” mellan två politiska block. Moderaterna, Kristdemokraterna, Folkpartiet och Centern ser bara positiva saker i ett främjande av friskolorna, framför allt en allmän höjning av skolans standard och undervisning. Socialdemokraterna, Vänsterpartiet och Miljöpartiet vill ha “rättvisa” och lika behandling för alla och därmed ett förbud mot alla former av elevavgifter. För att kunna påverka situationen för friskolorna i en positiv riktning måste man alltså tänka sig för i kommande kommunalval: där en borgerlig majoritet styr månar man mer om friskolor än i de kommuner där man har en socialistisk majoritet.

Jag skulle vilja avsluta mitt arbete med att citera en amerikansk skribent vid namn FC Fowler:

“The private school aid controversy raises the problem of autonomy and control, posing basic questions about the proper relationships between the state, the church and the family. It also reveals the inherent tensions among democratic values of freedom, equality and solidarity. Moreover, it touches upon such sensitive subjects as children, religion, ideology, race, social classes and cultural identity. In short, it touches things that are central to what it means to be human.”

Friskolor , 1.8 out of 5 based on 11 ratings
Betygsätt Friskolor


関連学校プロジェクト
Nedanstående är skolarbeten som handlar om Friskolor eller som på något sätt är relaterade med Friskolor .

Kommentera Friskolor

« | »