、今

中等学校から学校の仕事やエッセイ
学校のプロジェクトのための検索

殺す人間のアプローチがあった

トピック: 社会

現代人のアプローチは、今日は、多くの年齢層の混合物であると私は完全に私の時代のいずれかで識別することはできません。 しかし、私は男が、彼の幼年期の崩壊を作り、自分の常識を使用するだけではなく、何か先天的または古い当局に頼る勇気を取ったその後、自分自身をインチ認識できるほとんどの啓蒙の多くの考えが、あります教会やAristoteles.5としてそれはあなたがnotapparatを使用することは素晴らしいことだが、それは数字5で始まるのは少し奇妙な感じ...
"知ってい​​ることを敢えて! あなた自身の理解を使用する勇気を表示する "自分läsare1カントと呼ばれる。 ロックはさらにアイデアを開発し、すべての人間の知識が経験主義と呼ばれた経験に基づいていることを見た。 ベーコンはルネサンス自身が私はこれが最も重要なものの一つだと思いますmethod.1思考研究を与えられていた。 それは、私たちは人間の作るものです。 でも、ルネッサンス時代にデカルトの有名な声明、表明、 "私が思うに、それゆえ私は"を4、彼は啓蒙とルネサンスの間の国境に存在していた知識を得るの彼の方法で。 彼は、知識を獲得する従来の方法に対して、すなわち変わり、これはニュートンは彼が重力の法則に到着したときにやったので、いくつかの以前に、完全に理解できない説明できるというものだった根本的にtvivel.6で始まらない場合は、1つは、知識を持つことができないと思った潮の干満など、クローズドシステムで月と体の加速に重力。
啓蒙思想家は本質的にすべての人々が生命、自由及びegendom2に右のように、いくつかの基本的な権利を受けていると信じていた。 それは私にはかなり明白と思われる、2000年の自然法則を持つ人々の、しかし以前に、それは奴隷、寿命特性(農奴ようにする?)そして野蛮な刑罰で非常に一般的でした。 米国は自然の法則の約4これらのアイデアに基づいて構築規則を書いた最初の国だった。 逆説的に、それは死刑を維持している今日、いくつかの先進国の一つである。 すべての人々が同じ値を持っているという見解は、一貫した類似性の需要をもたらした。 私はすべての人々に関係なく彼らが、どれだけ彼らがオフに属している民族の平等であることを信じるように不当クラス権限がsamhällsordningen.1私自身の考えとこの完全なアナロジーに対して不合理と見なされるようになった。
啓蒙の間に、それはこの公開討論では遠い行きルソーだった。 彼は、私的所有がklasskillnaderna.1作成を支援していた彼はまた、男性が現代文明に幸せな人生のおかげで生きていないことを以前オマーン指向の方法で取ったと信じていた。 産業革命どちらもルソーがこれを言ったときに起こったか、私は決して、それは技術に来るとき、私はまだそこだと思う反動的であることをしていなかったが、 "私たちは自然に戻ってみましょう"彼の翼uttryck.1の一つである彼の推論の思い出に残る。 おそらく、今日は我々の物質的アプローチは、その開発を継続しない場合に幸せになるでしょう。 彼は我々が持っていない何のために努力エルドラド5、世界の最高の、知られている退屈にうんざりして、再度起動した時あるいは、我々は、Voltares主人公キャンディードのいずれかを持っていた。
ルソーは、書籍だけで人々は、彼らは私が最高の知識は実践と理論の両方の組み合わせによって得られることを考えると、約反対までに2本を知らないのかについて話をし得ると思った。 ルソーは、子どもたちが唯一の島の本にはまり男のtidtypisk小説だったデフォーのロビンソン·クルーソーを読むべきであると考えているエキサイティングな冒険だけでなく、道徳的かつ有益な歴史だけではありません。 物語の中で、一つだけ彼の理由は原始段階から完全に開発し、人間の文化の歴史のすべてを生きることでロビンソン方法に従うことができます。 清教徒的な精神は非常にロビンソンの仕事に感謝し、それが唯一の富を得るため、個人的にlycka.6誰勤勉ですが、私はそのお金が幸せではないと考えていますが、もちろん、彼らの夢を実現するために一生懸命仕事をしなければならない。 私は典型的な啓蒙小説に非難する何か他のものは、それが主に道徳的に盲目であるということです。 例は、ロビンソンは、アフリカ沖の海賊から逃げるときであり、自己の利得の自由のためにそれらに若いアラブ少年を販売しています。 合意は、彼はその後、キリスト教に転送する場合の少年は、10年後に自由に設定されるべきであると規定している。 言い換えれば、奴隷制と宗教からの自由は、単にホワイトキリスト教徒människor.3に来るものです
私はモデルとしてルイXIVによって神の恵みによって王国を信じていない。 私の見解に近い何かが、ある国が支配されるべきであるかについての啓蒙哲学者のアイデアのいくつか。 ロックは、コミュニティ講演を通じて王が支配する権利があると信じていたが、彼は彼の信頼を侵害する場合は、この権利は削除されます。 モンテスキューは、電源が3魂立っボディ、1エグゼクティブ(キング/社長)、立法(国民の代表)と司法(裁判所)の電源の間に分配されるべきであると信じていた。 1米国は依然として権力分担のこのタイプを適用し、我々は最後の大統領選挙で、その欠点をする可能性があります。 裁判所は、世界で最も強力な国の一つの社長になる者を決定することができるはずです? 我々は、代わりに選挙があってはならない?
三権分立の考えを持っていたもう一つの悟りの哲学者ヴォルテールだった。 彼は無学大衆が国を支配するならば、それが破損して行くだろうとことを恐れていた。 彼はいわゆる賢明暴君が支配し、人々のための改革を実施することを、代わりに発見した。 このアプローチは、ヴォルテールは啓蒙哲学者のフリードリヒ2世のPreussen.1のスタイルで独裁を望んでいた時、私には非常に奇妙なようである、彼は支配力が人とし、一般的には意志だろうとあるべきで感じたとき、私のための最も右のガバナンスのルソーのビジョンを感じるråda1。 しかし、私はそれが決定する全体として人々にルソーの思想を実現する、実質的には難しいだろうと思います。 代表的な議会制度の利用には便利です。 おそらく、それはあなたが完全にルソー、最も理想的なの精神で、多くの国民投票でスイスで今日見る思いです。
Voltareよう無学大衆を恐れ、啓蒙の間に多くのがありました。 啓蒙自体は大衆運動ではなかったが、社会の中で自分の位置のために戦った都市中産階級の動き。 ロビンソンのようにハードワークと研究を通じて、市民は彼らも細かいサロンで十分であることを示すであろう。 彼らは単に広い公共株、すなわち、農民、メイドと労働者をしたくなかった、自由に考えることを学ぶだろう。 彼らはまだ、これは誰もが、さまざまな状況にもかかわらず、同一の権利を有するものとするというのが私の信念に全く反するものですöverheten.5の手になります。
開示タンクの対象ではなかった社会の中で別のグループもあった。 それはすべての女性だった。 長い時間のためには、女性の場所は台所にあった子どもたちを負担すると考えられた。 でも、医療の専門知識は、女性の子宮は、ルソーの著書エミールや子育ての著者が経験と反省を通じて得られた知見を推奨している場合ではläsa.3に離れてしなびていると考えられた。 勧告は男の子だけのためのものです。 エミールは、ソフィーを満たしたときにこれは明らかである。 彼女は全く異なる生い立ちを持って、ルソーとして非常に有能なスウェーデンの作家だった彼の将来make.2アンナマリアLenngrenは、、彼らの匿名性に厳密に保たれている自由と刺激のための同じ必要はないだ。 彼女は第三の良い主婦のように見えることを意図していた 女性のような男性のスムーズであり、したがって、基本的な考え方を活用することができない悟りの基本的な考え方は、女性として、私は人間の悟りではないことを意味します。

based on 2 ratings 殺人は、2つの評価をもとにして、人間のアプローチ、2.8出ていた
レート殺人エルナ人間アプローチ


関連学業
以下は、殺人事件を扱う学校のプロジェクトであり、人間的アプローチまたは殺人罪でどのような方法に関連では、人間的なアプローチであった。

キルコメント人間のアプローチがあった

« | »