νは

中学校からの学業やエッセイ
検索学業

太陽系

件名: 生物学英語
| 詳細

GlanceInformationの概要で私たちの太陽系
PMS 010-A(JPL)
1991年6月

JPL 410-34-1 91分の6
(更新93分の5)

米航空宇宙局(NASA)
航空宇宙局

ジェット推進研究所
カリフォルニア工科大学
パサデナ、カリフォルニア州

この出版物の印刷されたコピーの公開メールアドレスにお問い合わせください
あなたの地域でのNASAセンターでオフィス。

はじめに

私たちの小さな世界から、我々はのための宇宙の海際に見つめてきました
年の莫大な数千人。 古代の天文学者は点を観察しました
その光が星の間を移動するように見えました。 彼らは、これらと呼ばれます
放浪を意味する、惑星をオブジェクト、ローマの後にそれらの名前
神々 - 木星、神々の王; 火星、戦争の神。
水銀、神々の使者。 ヴィーナス、愛と美の神、
と土星、木星と農業の神の父。
天文学輝く尾を持つ高値観測された彗星、と流星
または流れ星が明らかに空から落ちてきます。

科学はヨーロッパのルネサンスの間に栄えました。
遊星運動を支配する基本的な物理法則がありました
発見し、太陽の周りの惑星の軌道がありました
計算されました。 17世紀では、天文学者は、新しいデバイスを指摘しました
天で望遠​​鏡と呼ばれ、驚くべき行われ
発見。

しかし、1959年以来年の黄金時代に達しています
太陽系探査。 第一次世界大戦後のロケット工学の進歩
IIは、地球の重力のグリップを破るために我々のマシンを可能にし、
月へと他の惑星に移動。

米国は後半人間次に、宇宙船を自動HAS
有人遠征は、月を探索します。 私たちの自動機
周回と金星と火星に着陸しました。 Sunの探求
環境; 観測された彗星、と作られた近距離調査しながら
水星、木星、土星、天王星と海王星を越えて飛んで。

これらの旅行者は、我々の知る限りで飛躍をもたらしたし、
太陽系の理解。 電子光景を通じ
と私たちの自動化された宇宙船、色の他の「感覚」と
顔色は、何世紀にもわたって登場世界に与えられたhavebeen
ファジーディスクや光の不明瞭な点として地球に結合した目に。
および未知のオブジェクトの数十を発見されました。

将来の歴史家は、おそらくこれらの先駆的な便が表示されます
最も顕著なの一部として、ソーラーシステムを介して
20世紀の実績。

自動化さ宇宙船

アメリカ航空宇宙局の(米航空宇宙局(NASA))
太陽系探査のための自動化された宇宙船は、多くの来
形状やサイズ。 これらは別々の履行するために設計されていますがと
ミッションの目的を指定して、多くの共通点クラフトシェア。

各宇宙船は、様々な科学機器で構成され
基本的なサブシステムでサポートされている、特定のミッションのために選択
電力、軌道姿勢制御のための、並びに
データを処理し、地球との通信のためとして。

電力は、宇宙船を作動させるために必要とされます
機器およびシステム。 米航空宇宙局(NASA)は、アレイからの太陽エネルギーを悩ませて使用しています
そのに電力を供給するために太陽電池と小型核発電の
太陽系放出。 充電式電池はのために使用されます
バックアップおよび補助電源。

宇宙船が正常に何百万を旅したことを想像してみて
だけに、空間を介してマイルで飛行するが、地球の近くに1時間
そのカメラなどのセンシング機器は間違って指摘しています
それが目標を超えて速度としての道! このような事故、A予防支援するために
小スラスタのサブシステムは、宇宙船を制御するために使用されます。

スラスタを維持するデバイスにリンクされています
選択した星で一定視線。 ちょうど地球の初期の船員として
に海洋、宇宙利用の星をナビゲートするために星を使用
空間におけるそれらのベアリングを維持します。 にロックサブシステムと
参照の固定点、フライトコントローラを維持することができます
ターゲット本体に向け宇宙船の科学機器と
クラフトの通信アンテナが地球に向かって指摘しました。
スラスタは、また微調整飛行経路や速度に使用することができます
ターゲット本体がで検出されたことを確実にするために宇宙船の
計画距離と適切な軌道上。

1959年から1971年の間に、NASAの宇宙船はに派遣されました
月と太陽の環境を学びます。 彼らはまた、スキャンしました
水星、金星と火星 - 地球以外の惑星内部。 これらの
三つの世界、そして私たち自身は、地球型惑星として知られています
彼らは、固体岩組成を共有しているため。

初期の惑星偵察任務のために、米航空宇宙局(NASA)
と呼ばれる宇宙船の非常に成功したシリーズを採用
マリナーズ。 そのフライトはlateralisの計画を形作る助け
ミッション。 1962年から1975年の間に、7マリナーミッションを実施
空間での私たちの惑星の隣人の最初の調査。

マリナーズのすべてが彼らの主要電源として太陽電池パネルを使用しました
ソース。 宇宙船の最初と最後のバージョンは2を持っていました
太陽電池で覆われた翼。 その他マリナーズました
八角fromtheir拡張4ソーラーパネルを搭載しました
ボディスーツ。

マリナーズはマリナー2金星の範囲であったが、
宇宙船に、203キログラム(447ポンド)の重さ
マリナー3月9日オービター、974キログラムの重さ(2.147
ポンド)彼らの基本的なデザインは、全体を通して非常に似て残りました
プログラム。 マリナー5金星探査機は、例えば、持っていました
もともとマリナー3月4日のフライバイのバックアップされて。 マリナー
後半金星と水星に10宇宙船は残りのコンポーネントを使用しました
マリナー3月9日オービタープログラムから。

1972年に、米航空宇宙局(NASA)は、パイオニア10、木星探査機を発売しました。
、木星 - 関心は外惑星の4に移行しました
土星、天王星と海王星 - 高密度ガスの巨大なボールかなり
我々はすでに調査していた地上の世界とは異なります。

すべての4つのNASAの宇宙船 - 2パイオニアとボイジャー2 -
1970年代後半に私たちの太陽の外側の領域を見学していました
システム。 を伴うため距離の、これらは、旅行を取りました
どこでも20ヶ月歳から12歳までの彼らの目的地に到達します。
速い宇宙船がなければ、彼らは最終的には最初となります
遠くの星への旅への人間のアーティファクト。 Sunのため
光は、太陽系外縁部にこれらの旅行そのかすかになり
太陽光発電を使用していますが、その代わりに電気で動作しません
放射性同位元素の崩壊からの熱によって生成されます。

NASAは再検討する専門性の高い宇宙船を開発高値
中·1970年代後半3月と金星で私たちの隣人。 ツイン
バイキングランダースは、地震や気象として機能するように備えていました
駅や生物学の研究室など。 二つの高度な探査機 -
マリナークラフトの子孫は - バイキングランダースから実施します
地球、次に上から火星の特徴を検討しました。

二ドラム状のパイオニア探査機は1978年に金星を訪れました
パイオニア金星探査機は、そのレーダー計測器が装備されていました
それはへの惑星の密な雲を通して「見る」を許可
表面の特徴を研究しています。 パイオニアビーナスマルチプローブは、フォーを運ん
プローブは、雲の切れ間からドロップされたこと。 プローブと
本体 - 科学機器を含んでいたこれらのすべては -
彼らの中に惑星の大気の情報を無線連絡
表面に向かって下降。

自動化された宇宙船の新世代 - 含みます
マゼラン、ガリレオ、ユリシーズ、マーズ·オブザーバーとカッシーニ - 中です
先進レイトアウト太陽系を詳細に行うために
私たちの理解を増やしthatwill検査
周辺に位置し、私たち自身の惑星。

太陽

太陽系内のオブジェクトの議論は、起動する必要があります
日と サンは代表、他の体を矮星
太陽系内の全質量の約99.86パーセント。
惑星、衛星、小惑星、彗星、塵やガスのすべてがアップ追加します
わずか約12時14分%です。 これは、パーセントを表す0時14分
Sunの形成から残りの材料。 一〇九
地球は太陽のディスク全体にフィットするように要求され、そのことになります
内部は130万の地球をホールドオーバーでした。

星のように、Sunはの過程を経てエネルギーを生成します
融合。 Sunのコアの温度は1500万度です
摂氏(2700万華氏)、そこでの圧力
海面で3,400億回地球の空気圧。 Sunの
5,500℃の表面温度(10,000度
華氏)、コア温度と比較すると、ほぼ肌寒いようです。
太陽核では、水素が生成し、ヘリウムに融合することができます
エネルギー。 Sunはまた、強力な磁場を生成し、ストリーム
荷電粒子の、両方がはるかに地球を越えて延びます。

Sunは46​​億年前から活動しているように見え、
さらに5億年かそこらのために行くのに十分な燃料を持っています。
その人生の終わりには、Sunはにヘリウムを融合するために開始されます
重い元素と膨潤し始め、最終的にそのように成長しています
大きなそれが地球を飲み込むようにします。 「赤のよう億年後
ファイナル - 巨人は、白色矮星 ""それは突然に崩壊します」
私たちのような星の最終製品。 これは兆年かかることがあります
完全に冷やします。

多くの宇宙船は、Sunの環境を探検していますが、何もしません
約二よりもその表面に任意のより近く得ています
地球から太陽までの距離の3分の2 パイオニア5-11、
パイオニア金星探査機、ボイジャー1と2と他の宇宙船を持っています
すべてが太陽の環境をサンプリング。 ユリシーズの宇宙船、
1990年10月6日に打ち上げ、NASAの共同太陽使命であり、
欧州宇宙機関。 1992年2月8日には、ユリシーズは近くに飛びました
木星へと下にそれを投げるために木星の重力を使用
惑星の面。 それはまだ偉大な距離になりますが、
太陽から、ユリシーズは時にSunの極地の上に飛行します
1994年と1995年と9を用いた研究の広い範囲を実行します
オンボード科学機器。

私たちは、太陽がまさにそれがある方法であることを幸運です。 IT場合
人生はほぼ確実だろう、ほとんどどのような方法で異なっていました
地球上で開発したことがありません。

MERCURY

水星の最初のクローズアップビューを取得することは、一次でした
11月3日発売マリナー10号宇宙船の目的、
1973年、フロリダ州のケネディ宇宙センターから。 の旅の後
金星のフライバイを含め、ほぼ5ヶ月、
宇宙船は太陽の703キロ(437マイル)内で渡さ
1974年3月29日にシステムの最も内側の惑星。

マリナー10号までは、少し水銀については知られていました。 さらに
地球から最もよい伸縮ビューが不明瞭として水銀を示しました
任意の表面の詳細を欠いているオブジェクト。 惑星はに非常に近いです。
それは通常、太陽グレアで失われているSun。 平面である場合
ちょうど日没後や夜明け前に地球の地平線上に見える、それはあります
私たちの大気中のヘイズやほこりによって不明瞭。 唯一のレーダー
望遠鏡の前に水星の表面の条件のいずれかのヒントを与えました
マリナー10日の航海

マリナー10号が地球に戻って無線連絡の写真が明らかになりました
古代、重くクレーター表面、競合的には私たち自身に似ています
月。 写真はまた、縦横に巨大な崖を示しました
飛行機。 これらの明らかに作成された場合には水星のインテリア
冷却し、地球の地殻の座屈、縮小しました。 崖の通りです
3キロ(2マイル)などの高と500キロ限り(310
キロ)。

マリナー10号の楽器は弱いがあることを発見したマーキュリー
磁場と大気の痕跡 - 兆分の
地球の大気の密度とのアルゴン主成分と、ネオン、
ヘリウム。 惑星の軌道は太陽に最も近いを取るとき、
表面温度が467℃(872度の範囲
-183℃に水星の太陽に照らさ側華氏)(-298
ダークサイドに華氏)。 表面にこの範囲
温度 - 650℃(1170華氏) - アイス
太陽系内の単一のボディのための最大の。 マーキュリー
文字通り焼くとSametimeでフリーズします。

昼と夜は、水星の長さです。 組み合わせ
スター(59地球日)と急速に遅い相対回転
太陽(88地球日)の周りの回転は、ワンマーキュリーことを意味します
太陽日は176地球日または2水銀年を取る - 時間をそれ
太陽の周り2軌道を完了するために、最も内側の惑星を取ります!

水銀は光シリケートrocklikeの地殻を持っているように見えます
地球のそれ。 科学者たちは、水銀は重い鉄リッチがあると考えてい
コアは、わずかに小さいその容積の半分以上を構成します。 それは希望
月のコアよりも比例的に水銀夫のコア親切、
または惑星のいずれかのもの。

最初の出会いマーキュリーマリナー10は、2つを作った後、
追加flybys - 1974年9月21日、および1975年3月16日に -
宇宙船を配向させるために使用されるガスを制御する前に排気したと
ミッションは結論しました。 各フライバイは、地元のサミで開催されました
水星時間面の同一の半分でした
照らさ; 結果として、我々はまだの2分の1を見ていません
惑星の表面。

VENUS

最寄りの弊社惑星 - 密な雲、木星によってベールに包ま
隣人は - 探検された最初の惑星でした。 マリナー2号
1962年8月27日に打ち上げ宇宙船は、より多くの第一号でした
勉強するよりも十成功アメリカとソ連のミッション
神秘的な面。 宇宙船が飛んだことにより、または金星を周回するように、急落
大気中へのまたは優しくロマンチック、金星の表面に着陸しました
私たちの隣人についての神話や憶測には残りの部分に置かれました。

1962年12月14日には、マリナー2は34.839内で渡さ
金星のキロメートル(21.648マイル)と第1の宇宙船なりました
別の面を走査します。 金星42測定搭載機器
分。 マリナー5は、1967年6月に発売、に非常に近い飛びました
飛行機。 金星の4.094キロ(2.544マイル)の内に渡します
測定された第2のアメリカのフライバイ、マリナー5の楽器
惑星の磁場、電離層、放射線帯と
気温。 水星に向かう途中で、マリナー10号は金星によって飛び、
クラウドを示す地球に送信紫外線の写真
金星の大気中の循環パターン。

1978年の春と夏には、2宇宙船がありました
金星の謎を解明するためのさらなる立ち上げました。 12月4日
サミ年の、パイオニア金星探査機は、最初になりました
宇宙船は地球の周りの軌道にfriendlyness。

5日後、5つの別々のコンポーネントが構成します
第二の宇宙船 - パイオニアビーナスマルチプローブは、 - 入力されました
平面の上の異なる位置で金星大気。
四つの小、独立したプローブと本体が無線連絡
に向かって彼らの降下中に地球に戻って大気データ
表面。 大気、のいずれかを調べるために設計されていますが
プローブは、表面とその影響を生き残り、に続きます
さらに1時間のデータを送信します。

金星は大きさ、物理的組成物中の地球に似ており、
他の既知の惑星よりも競合的密度。 しかし、
宇宙船は、同様に有意差を発見しました。 のために
例えば、(西から東へ)金星の回転が逆行であります
地球の東から西へのスピンと比較し、他のほとんどの
飛行機。

金星の大気の約96.5パーセント(95倍
)地球のような高密度の二酸化炭素です。 の主成分
地球の大気は窒素です。 金星の大気は次のように動作します
グリーンハウス、表面に到達する太陽​​放射の許可が、
通常、背面に放射される熱を閉じ込めます
スペース。 その結果、地球の平均表面温度の氷
482℃(900華氏)、溶融させるのに十分に熱く
リード。

パイオニア金星探査機の電波高度計を提供
惑星の密な雲を通して見ての第一の手段と
ほぼ地球全体にわたって表面の特徴を決定します。 NASAの
1989年5月5日に発売マゼラン宇宙船は、軌道にされています
金星の周りに8月10日、1990年から宇宙船は、レーダーを使用しました
マッピング技術98%で高解像度の画像を提供するために
表面の。

マゼランのレーダーは、火山によって支配風景を明らかにしました
機能、障害や衝撃クレーター。 表面の巨大な分野
溶岩流と洪水の複数の期間の証拠を示します
以前のものの上に横たわっています。 イシュタルという名前の高くなった領域
テラは、米国と大きい溶岩で満たされた盆地です。 一方で、
このプラトーシートマクスウェル山、山の大きさの終わり
エベレスト。 山の脇腹を瘢痕、100キロです
(62マイル)、幅2.5キロ(1.5マイル)という名前のディープインパクトクレーター
クレオパトラ。 (ほとんどすべての女性のために命名されている金星の特徴の。
マクスウェル山アルファレジオとベータレジオは例外です。)
クレーターは、おそらく400ミリオンイヤーズため金星で生き残ります
全く水と非常に少ない風食はありません。

大規模な断層線ネットワークはおそらく、地球をカバー
プレートテクトニクスを生成サミ地殻屈曲の結果
地球上。 しかし、金星表面温度のに十分です
岩を弱める、どの亀裂ちょうど約どこでも、防止
主要なプレートのような大きな地震断層の形成
カリフォルニアのサンアンドレアス断層。

金星の支配的な天候パターンは、高高度、高です
硫酸をcontaine雲の速度循環。 速度では
、時速360キロ(225マイル)と高い手を伸ばす
雲はわずか4地球日間で地球を一周します。 循環
同じ方向に氷 - 西から東へ - 金星の低速回転など
243日の地球、地球の風が両方の方向に吹く一方 -
東と東へ西へ西 - 6交番バンドで。 金星
雰囲気は、私たちの研究のための単純化された実験室として機能します
天候。

EARTH

宇宙から見た、私たちの世界の区別など
特徴は、その青い海、茶色と緑の陸地であります
と白い雲。 私たちは、から成る空気の海に包まれています
78%の窒素、21%の酸素と他の1パーセントの
成分。 港に知られている太陽系で唯一の惑星
人生は、地球を150万​​ドルの平均距離で太陽を周回します
キロメートル(9300万マイル)。 地球はから三番目の惑星です
Sunと直径の太陽系で最大の第五
金星よりも大きいわずか数百キロ。

私たちの惑星の急速なスピンと溶融ニッケル鉄コアGIVE上昇
豊富な磁場に、どの、雰囲気alongwith、
からのほぼすべての有害な放射線のから私たちを保護
Sunと他の星。 地球の大気はから私たちを保護します
彼らは打つことができる前に、流星は、同様に、そのほとんどが燃え尽きます
表面。 アクティブな地質学的プロセスは、の証拠を残していません
それが形成された後、地球がほぼ確実にすぐに受信たたきつけます -
約46億年前。 新たに形成された他のAlongwith
惑星は、初期の頃にスペースデブリによって浴びせました
太陽光発電システム。

空間に私たちの旅から、私たちはについて多くのことを学びました
故郷の惑星。 最初のアメリカの衛星 - エクスプローラー1が - でした
1958年1月31日にフロリダ州ケープカナベラルから開始し、
今ヴァン·アレンと呼ばれる、強力な放射線帯を発見
放射線帯は、地球を取り巻きます。

それ以来、他の研究衛星は私たちのことを明らかにしました
地球の磁場はによってティアドロップ形状に歪んでいます
太陽風 - 継続的に排出された荷電粒子の流れ
日から 私たちは、磁界がフェードしていないことを学びました
空間にオフが、明確な境界を持っています。 そして、我々は今、knowthat
私たちのかすかな上層大気では、一度、静かで平穏無事と考えられ
活動にseethes - 夜昼と収縮による膨潤。
太陽活動の変化の影響を受け、上層大気
地球の気象や気候に貢献します。

地球の気象に影響を与えるほかに、太陽活動は上昇を与えられ
私たちの雰囲気の中で劇的な視覚的な現象。 ときundercharged
太陽wind'veからの粒子は、地球の磁気の中に閉じ込めになります
フィールドが、彼らは私たちの惑星の磁気上記空気分子と衝突します
ポール。 これらの空気分子は、その後、光り始め、として知られています
オーロラや北部と南部が点灯します。

サテライト約35.789キロ(22.238マイル)うちに
フォーラムは、毎日地元の天気予報に大きな役割を果たしています。 これらの
米国は危険な嵐の警告注意深い電子目。 連続的な
グローバル·モニタリングは、データと便利なの膨大な量を提供します
地球の複雑な天候のより良い理解に貢献します
システム。

彼らのユニークな見晴らしの良い点から、衛星が調査することができます
地球の海、土地利用や資源、地球を監視
健康的。 空間内のこれらの目は、無数の命を救っ提供してきました
途方もないと私たちはを変更することができることを私たちに示し便利
危険な方法で惑星。

ムーンアイス地球の自然単一の衛星。 最初の人間
異界の足音が上のアメリカの宇宙飛行士によって作られました
私たちのエアレス、死んで仲間のダスティ表面。
人間有人アポロ遠征の準備、米航空宇宙局(NASA)
自動化されたレンジャー、サーベイヤーとルナオービターを派遣
1964年と1968年に月を研究するための宇宙船。

NASAのアポロ計画は、月の材料の大きな遺産を残し
データ。 六二宇宙飛行士の乗組員は、月面や探検に上陸しました
1969年から1972年の間の表面には、岩のコレクションをバック運びます
土壌は382キログラム(842ポンド)との合計重量を量ります
2,000人以上の別々の試料から成ります。

この材料および他の研究から、科学者たちは持っています
揺籃期を含む月の歴史を構築しました。
約4.0から4300000000に日付の月の高地から収集
歳。 月の存在の最初の数百万年
この期間のいくつかの痕跡が残るように暴力的でした。 溶融など
外層徐々に異なる種類に冷却固化
岩、月は巨大な小惑星や小さいによって衝撃ました
オブジェクト。 小惑星の中には、ロードアイランド州、またはのように大きかったです
デラウェアと月作成流域との衝突
全体で数百キロ。

この壊滅的な衝撃は約4を漸減しました
10億年前、巨大で覆われた月面の高地を残し、
クレーターと粉々に壊れた岩の深い層に重なります。
放射性元素の崩壊によって生じた熱は、溶融し始め
約200キロの深さで月の内部(125
表面の下キロ)。 そして、次の7億年の間 -
約3.8から3100000000年前から - 溶岩が内部から上昇しました
月。 溶岩が徐々に表面、洪水に広がります
ガリレオ暗い領域を形成するために、大規模な衝突盆地
マリアと呼ばガリレイ、イタリア·ルネサンスの天文学者、
海を意味します。

限り、我々が言うことができるように、有意な火山がなかったです
以上の30億年間の月面上での活動。 から
そして、月の表面は微隕石によってのみ変更されましたが、
アジャスターによる太陽と星からの原子粒子による
大きな隕石の宇宙船と宇宙飛行士による影響。 もし
私たちの宇宙飛行士は彼らは、10億年前の月に着陸していました
wouldhaveは今日の一日と非常によく似た風景を見ました。
今から数千年、アポロが残した足跡
クルーはシャープでクリアなままになります。

月の起源はまだ謎です。 フォー理論
説明を試みる:月が独立したとして地球近傍に形成されました
ピース; それは地球からの塔でした。 それはどこか別の場所に形成されました
私たちの惑星の重力によって捕捉、またはそれはの結果でした
火星ほどの大きさの地球と小惑星との衝突。
最後の理論は、いくつかの良いサポートしていますが、certainementほど遠いです。

MARCH

すべての惑星の中で、火星が長いサンズと考えられてきました
地球外生命体を保有するためのシステムの最有力候補。
望遠鏡を通して赤い惑星を研究する天文学者が見たもの
その表面に縦横に直線であるように見えました。 これらの
観察 - 錯視を聞いて後に測定 - ポイントへ
知的生命を構成していたことに人気の概念
地球上で用水路のシステム。 1938年に、ときにオーソン
ウェルズは、サイエンスフィクションに基づいてラジオドラマを放送しました
HGウェルズ、信じて十分な人々によって世界の古典的な戦争
近くにパニックを引き起こすことが火星人の侵略の物語で。

科学者たちは、火星に生命を期待するためのもう一つの理由は、しなければなりませんでした
惑星の上の明らかな季節の色の変化で行います
表面。 条件がかもしれないとの憶測にこの現象ポイント
暖かい季節には火星の植生の開花を支援し、
寒い期間中に休止状態になることを引き起こす植物の生命。

これまでのところ、火星への6アメリカのミッションを行っhavebeen。
フォーマリナー宇宙船 - 3惑星と1によって飛行
火星の軌道にfriendlyness - 前に広範囲に地球を調査
バイキングオービターとランダースが入荷しました。

後半1964年に発売マリナー4は、7月14日に月を過ぎて飛びました
1965年には、表面の9.846キロ(6.118マイル)内に入ります。
地球の22クローズアップ写真は、地球に送信します
宇宙船は、多くのクレーターや天然に存在するチャネルを見つけましたが、
人工運河や流れる水の証拠はありません。 マリナー6と
図7は、1969年の夏にflybys withtheir続き、
201写真を返さ。 マリナー4、図6および図7は、多様性を示しました。
表面状態などの薄い、寒さ、乾燥雰囲気
二酸化炭素。

1971年5月30日には、マリナー9オービターはに打ち上げられました
ミッションは、火星表面の年間の研究を行います。
宇宙船だけに、リフトオフ後5カ月半に到着しました
作られた地球規模の砂塵嵐の真っ只中に3月の検索
数週間不可能土地撮影。 しかし、後に
クリア嵐、マリナー9は、7.329の最初を返す開始しました
写真; これらを明らかにしたこれまで未知の火星の特徴、
大量の水を一度横切って流れたという証拠を含みます
表面、川の谷や氾濫原をエッチングします。

8月と1975年9月では、バイキング1および2宇宙船 -
オービターと着陸船から成る各 - からリフトオフ
ケネディ宇宙センター。 ミッションは、いくつかに答えるように設計されました
を含む赤い惑星についての質問、そこでの生活はありますか?
誰も火星の都市を発見するために宇宙船を期待していないが、それはありました
バイキングランダースの生物学の実験がでEXCELLANTことが期待
過去または現在 - 少なくとも、原始生命の証拠を見つけます。

バイキングランダー1が正常に最初の宇宙船となりました
それは1976年7月20日に上陸したときに別の惑星にタッチダウン
米国はバイセンテニアルを祝ったが。 フォト
後半に戻ってクリュセ平原(「金の平原」)から見せました
荒涼、さびた赤風景。 によって返さパノラマ写真
着陸船は岩だらけやでマーク、ローリングプレーンを明らかにしました
波状の砂丘。 火星の土壌からファイン赤い塵が与えます
サケスカイ色相。 バイキング2着陸船は、ユートピアに着陸したとき
平原は1976年9月3日に、それはより多くの圧延風景を見ました
目に見える砂丘のないもの - その前身で見られるものより。

各バイキング着陸船の実験室で結果レイトチェック
決定的でした。 赤い火星の土壌の小さなサンプルがありました
検出するように設計三つの異なる実験で試験
生物学的プロセス。 テスト結果のいくつかは、ように見えた一方で
生物学的活性を示し、後の分析はthatthisを確認しました
活動は、自然の中で、無機および惑星の土壌に関連していました
化学。 火星に生命はありますか? 誰も確かなことは知っているが、
バイキングの使命は、有機分子が存在するという証拠は認められませんでした
そこ。

バイキングランダーは、風を記録し、気象観測所になりました
速度および方向ならびに大気温度および
圧力。 いくつかの天候の変化が観察されました。 最高
いずれかのクラフトによって記録された温度は、摂氏-14度であった(7
真夏でバイキングランダー1サイトで華氏)。

最低温度、-120摂氏度(-184度
華氏)は、より北のバイキングランダー2で記録しました
冬の間サイト。 近ハリケーン風速がで測定しました
グローバル砂嵐中に2つの火星の気象局が、
雰囲気は非常に薄いので、風の力は最小です。 バイキング
ランダー2は、霜の光パッチを撮影 - おそらく水 - 氷
- 地球上でその第二の冬の間。

金星のような火星の大気、主に氷
二酸化炭素。 窒素と酸素がわずかに存在しています
パーセンテージ。 火星の大気は約1 / 1,000多くの水が含まれています
私たちの空気が、それでもこの小さな量として形成し、凝縮することができます
斜面周囲の雰囲気や渦巻きに高い乗る雲
そびえ立つ火山の。 Local patches of early morning fog can form
in valleys.

There is evidence that in the past a denser martian
atmosphere may have allowed water to flow on the planet. Physical
features closely resembling shorelines, gorges, riverbeds and
islands suggest that great rivers once marked the planet.

Mars has two moons, Phobos and Deimos. They are small and
irregularly shaped and possess ancient, cratered surfaces. It is
possible the moons were originally asteroids that ventured too
close to Mars and were captured by its gravity.

The Viking Orbiters and Landers exceeded by large margins
their design lifetimes of 120 and 90 days, respectively. The first
to fail was Viking Orbiter 2, which stopped operating on July 24,
1978, when a leak depleted its attitude-control gas. Viking Lander
2 operated until April 12, 1980, when it was shut down because of
battery degeneration. Viking Orbiter 1 quit on August 7, 1980,
when the last of its attitude-control gas was used up. バイキング
Lander 1 ceased functioning on November 13, 1983.

Despite the inconclusive results of the Viking biology
experiments, we know more about Mars than any other planet except
Earth. NASA's Mars Observer spacecraft, launched September 25,
1992, will expand our knowledge of the martian environment and
help lead to human exploration of the red planet.

ASTEROIDS

The solar system has a large number of rocky and metallic
objects that are in orbit around the Sun but are too small to be
considered full-fledged planets. These objects are known as
asteroids or minor planets. Most, but not all, are found in a band
or belt between the orbits of Mars and Jupiter. Some have orbits
that cross Earth's path, and there is evidence that Earth has been
hit by asteroids in the past. One of the least eroded, best
preserved examples is the Barringer Meteor Crater near Winslow,
Arizona.

Asteroids are material left over from the formation of the
solar system. One theory suggests that they are the remains of a
planet that was destroyed in a massive collision long ago. More
likely, asteroids are material that never coalesced into a planet.
In fact, if the estimated total mass of all asteroids was gathered
into a single object, the object would be less than 1,500
kilometers (932 miles) across — less than half the diameter of our
Moon.

Thousands of asteroids have been identified from Earth. It is
estimated that 100,000 are bright enough to eventually be
photographed through Earth-based telescopes.

Much of our understanding about asteroids comes from
examining pieces of space debris that fall to the surface of
Earth. Asteroids that are on a collision course with Earth are
called meteoroids. When a meteoroid strikes our atmosphere at high
velocity, friction causes this chunk of space matter to incinerate
in a streak of light known as a meteor. If the meteoroid does not
burn up completely, what's left strikes Earth's surface and is
called a meteorite. One of the best places to look for meteorites
is the ice cap of Antarctica.

Of all the meteorites examined, 92.8 percent are composed of
silicate (stone), and 5.7 percent are composed of iron and nickel;
the rest are a mixture of the three materials. Stony meteorites
are the hardest to identify since they look very much like
terrestrial rocks.

Since asteroids are material from the very early solar
system, scientists are interested in their composition. Spacecraft
that have flown through the asteroid belt have found that the belt
is really quite empty and that asteroids are separated by very
large distances.

Current and future missions will fly by selected asteroids
for closer examination. The Galileo spacecraft, launched by NASA
in October 1989, investigated the main-belt asteroid Gaspra on
October 29, 1991 and will encounter Ida on August 28, 1993 on its
way to Jupiter. One day, space factories will mine the asteroids
for raw materials.

JUPITER

Beyond Mars and the asteroid belt, in the outer regions of
our solar system, lie the giant planets of Jupiter, Saturn, Uranus
and Neptune. In 1972, NASA dispatched the first of four spacecraft
slated to conduct the initial surveys of these colossal worlds of
gas and their moons of ice and rock. Jupiter was the first port of
call.

Pioneer 10, which lifted off from Kennedy Space Center in
March 1972, was the first spacecraft to penetrate the asteroid
belt and travel to the outer regions of the solar system. In
December 1973, it returned the first close-up images of Jupiter,
flying within 132,252 kilometers (82,178 miles) of the planet's
banded cloud tops. Pioneer 11 followed a year later. Voyagers 1
and 2 were launched in the summer of 1977 and returned spectacular
photographs of Jupiter and its family of satellites during flybys
in 1979.

These travelers found Jupiter to be a whirling ball of liquid
hydrogen and helium, topped with a colorful atmosphere composed
mostly of gaseous hydrogen and helium. Ammonia ice crystals form
white Jovian clouds. Sulfur compounds (and perhaps phosphorus) may
produce the brown and orange hues that characterize Jupiter's
atmosphere.

It is likely that methane, ammonia, water and other gases
react to form organic molecules in the regions between the
planet's frigid cloud tops and the warmer hydrogen ocean lying
below. Because of Jupiter's atmospheric dynamics, however, these
organic compounds — if they exist — are probably short-lived.

The Great Red Spot has been observed for centuries through
telescopes on Earth. This hurricane-like storm in Jupiter's
atmosphere is more than twice the size of our planet. As a high-
pressure region, the Great Red Spot spins in a direction opposite
to that of low-pressure storms on Jupiter; it is surrounded by
swirling currents that rotate around the spot and are sometimes
consumed by it. The Great Red Spot might be a million years old.

Our spacecraft detected lightning in Jupiter's upper
atmosphere and observed auroral emissions similar to Earth's
northern lights at the Jovian polar regions. Voyager 1 returned
the first images of a faint, narrow ring encircling Jupiter.

Largest of the solar system's planets, Jupiter rotates at a
dizzying pace — once every 9 hours 55 minutes 30 seconds. The
massive planet takes almost 12 Earth years to complete a journey
around the Sun. With 16 known moons, Jupiter is something of a
miniature solar system.

A new mission to Jupiter — the Galileo Project — is under
way. On December 7, 1995, after a six- year cruise that takes the
Galileo Orbiter once past Venus, twice past Earth and the Moon and
once past two asteroids, the spacecraft will drop an atmospheric
probe into Jupiter's cloud layers and relay data back to Earth.
The Galileo Orbiter will spend two years circling the planet and
flying close to Jupiter's large moons, exploring in detail what
the two Pioneers and two Voyagers revealed.

GALILEAN SATELLITES

In 1610, Galileo Galilei aimed his telescope at Jupiter and
spotted four points of light orbiting the planet. For the first
time, humans had seen the moons of another world. In honor of
their discoverer, these four bodies would become known as the
Galilean satellites or moons. But Galileo might have happily
traded this honor for one look at the dazzling photographs
returned by the Voyager spacecraft as they flew past these planet-
sized satellites.

One of the most remarkable findings of the Voyager mission
was the presence of active volcanoes on the Galilean moon Io.
Volcanic eruptions had never before been observed on a world other
than Earth. The Voyager cameras identified at least nine active
volcanoes on Io, with plumes of ejected material extending as far
as 280 kilometers (175 miles) above the moon's surface.

Io's pizza-colored terrain, marked by orange and yellow hues,
is probably the result of sulfur-rich materials brought to the
surface by volcanic activity. Volcanic activity on this satellite
is the result of tidal flexing caused by the gravitational tug-of-
war between Io, Jupiter and the other three Galilean moons.

Europa, approximately the same size as our Moon, is the
brightest Galilean satellite. The moon's surface displays a
complex array of streaks, indicating the crust has been fractured.
Caught in a gravitational tug-of-war like Io, Europa has been
heated enough to cause its interior ice to melt — apparently
producing a liquid-water ocean. This ocean is covered by an ice
crust that has formed where water is exposed to the cold of space.
Europa's core is made of rock that sank to its center.

Like Europa, the other two Galilean moons — Ganymede and
Callisto — are worlds of ice and rock. Ganymede is the largest
satellite in the solar system — larger than the planets Mercury
and Pluto. The satellite is composed of about 50 percent ice or
slush and the rest rock. Ganymede's surface has areas of different
brightness, indicating that, in the past, material oozed out of
the moon's interior and was deposited at various locations on the
surface.

Callisto, only slightly smaller than Ganymede, has the lowest
density of any Galilean satellite, suggesting that large amounts
of water are part of its composition. Callisto is the most heavily
cratered object in the solar system; no activity during its
history has erased old craters except more impacts.

Detailed studies of all the Galilean satellites will be
performed by the Galileo Orbiter.

SATURN

No planet in the solar system is adorned like Saturn. Its
exquisite ring system is unrivaled. Like Jupiter, Saturn is
composed mostly of hydrogen. But in contrast to the vivid colors
and wild turbulence found in Jovian clouds, Saturn's atmosphere
has a more subtle, butterscotch hue, and its markings are muted by
high-altitude haze. Given Saturn's somewhat placid-looking
appearance, scientists were surprised at the high-velocity
equatorial jet stream that blows some 1,770 kilometers (1,100
miles) per hour.

Three American spacecraft have visited Saturn. Pioneer 11
sped by the planet and its moon Titan in September 1979, returning
the first close-up images. Voyager 1 followed in November 1980,
sending back breathtaking photographs that revealed for the first
time the complexities of Saturn's ring system and moons. Voyager 2
flew by the planet and its moons in August 1981.

The rings are composed of countless low-density particles
orbiting individually around Saturn's equator at progressive
distances from the cloud tops. Analysis of spacecraft radio waves
passing through the rings showed that the particles vary widely in
size, ranging from dust to house-sized boulders. The rings are
bright because they are mostly ice and frosted rock.

The rings might have resulted when a moon or a passing body
ventured too close to Saturn. The unlucky object would have been
torn apart by great tidal forces on its surface and in its
interior. Or the object may not have been fully formed to begin
with and disintegrated under the influence of Saturn's gravity. A
third possibility is that the object was shattered by collisions
with larger objects orbiting the planet.

Unable either to form into a moon or to drift away from each
other, individual ring particles appear to be held in place by the
gravitational pull of Saturn and its satellites. These complex
gravitational interactions form the thousands of ringlets that
make up the major rings.

Radio emissions quite similar to the static heard on an AM
car radio during an electrical storm were detected by the Voyager
spacecraft. These emissions are typical of lightning but are
believed to be coming from Saturn's ring system rather than its
atmosphere, where no lightning was observed. As they had at
Jupiter, the Voyagers saw a version of Earth's auroras near
Saturn's poles.

The Voyagers discovered new moons and found several
satellites that share the same orbit. We learned that some moons
shepherd ring particles, maintaining Saturn's rings and the gaps
in the rings. Saturn's 18th moon was discovered in 1990 from
images taken by Voyager 2 in 1981.

Voyager 1 determined that Titan has a nitrogen-based
atmosphere with methane and argon — one more like Earth's in
composition than the carbon dioxide atmospheres of Mars and Venus.
Titan's surface temperature of -179 degrees Celsius (-290 degrees
Fahrenheit) implies that there might be water-ice islands rising
above oceans of ethane-methane liquid or sludge. Unfortunately,
Voyager's cameras could not penetrate the moon's dense clouds.

Continuing photochemistry from solar radiation may be
converting Titan's methane to ethane, acetylene and — in
combination with nitrogen — hydrogen cyanide. The latter compound
is a building block of amino acids. These conditions may be
similar to the atmospheric conditions of primeval Earth between
three and four billion years ago. However, Titan's atmospheric
temperature is believed to be too low to permit progress beyond
this stage of organic chemistry.

The exploration of Saturn will continue with the Cassini
mission. Scheduled for launch in the latter part of the 1990s, the
Cassini mission is a collaborative project of NASA, the European
Space Agency and the federal space agencies of Italy and Germany,
as well as the United States Air Force and the Department of
Energy. Cassini will orbit the planet and will also deploy a
probe called Huygens, which will be dropped into Titan's
atmosphere and fall to the surface. Cassini will use radar to peer
through Titan's clouds and will spend years examining the
Saturnian system.

URANUS

In January 1986, four and a half years after visiting Saturn,
Voyager 2 completed the first close-up survey of the Uranian
system. The brief flyby revealed more information about Uranus and
its retinue of icy moons than had been gleaned from ground
observations since the planet's discovery over two centuries ago
by the English astronomer William Herschel.

Uranus, third largest of the planets, is an oddball of the
solar system. Unlike the other planets (with the exception of
Pluto), this giant lies tipped on its side with its north and
south poles alternately facing the sun during an 84-year swing
around the solar system. During Voyager 2′s flyby, the south pole
faced the Sun. Uranus might have been knocked over when an Earth-
sized object collided with it early in the life of the solar
system.

Voyager 2 found that Uranus' magnetic field does not follow
the usual north-south axis found on the other planets. Instead,
the field is tilted 60 degrees and offset from the planet's
center, a phenomenon that on Earth would be like having one
magnetic pole in New York City and the other in the city of
Djakarta, on the island of Java in Indonesia.

Uranus' atmosphere consists mainly of hydrogen, with some 12
percent helium and small amounts of ammonia, methane and water
vapor. The planet's blue color occurs because methane in its
atmosphere absorbs all other colors. Wind speeds range up to 580
kilometers (360 miles) per hour, and temperatures near the cloud
tops average -221 degrees Celsius (-366 degrees Fahrenheit).

Uranus' sunlit south pole is shrouded in a kind of
photochemical “smog” believed to be a combination of acetylene,
ethane and other sunlight-generated chemicals. Surrounding the
planet's atmosphere and extending thousands of kilometers into
space is a mysterious ultraviolet sheen known as “electroglow.”

Approximately 8,000 kilometers (5,000 miles) below Uranus'
cloud tops, there is thought to be a scalding ocean of water and
dissolved ammonia some 10,000 kilometers (6,200 miles) deep.
Beneath this ocean is an Earth-sized core of heavier materials.

Voyager 2 discovered 10 new moons, 16-169 kilometers (10-105
miles) in diameter, orbiting Uranus. The five previously known –
Miranda, Ariel, Umbriel, Titania and Oberon — range in size from
520 to 1,610 kilometers (323 to 1,000 miles) across. Representing
a geological showcase, these five moons are half-ice, half-rock
spheres that are cold and dark and show evidence of past activity,
including faulting and ice flows.

The most remarkable of Uranus' moons is Miranda. Its surface
features high cliffs as well as canyons, crater-pocked plains and
winding valleys. The sharp variations in terrain suggest that,
after the moon formed, it was smashed apart by a collision with
another body — an event not unusual in our solar system, which
contains many objects that have impact craters or are fragments
from large impacts. What is extraordinary is that Miranda
apparently reformed with some of the material that had been in its
interior exposed on its surface.

Uranus was thought to have nine dark rings; Voyager 2 imaged
11. In contrast to Saturn's rings, which are composed of bright
particles, Uranus' rings are primarily made up of dark, boulder-
sized chunks.

NEPTUNE

Voyager 2 completed its 12-year tour of the solar system with
an investigation of Neptune and the planet's moons. On August 25,
1989, the spacecraft swept to within 4,850 kilometers (3,010
miles) of Neptune and then flew on to the moon Triton. During the
Neptune encounter it became clear that the planet's atmosphere was
more active than Uranus'.

Voyager 2 observed the Great Dark Spot, a circular storm the
size of Earth, in Neptune's atmosphere. Resembling Jupiter's Great
Red Spot, the storm spins counterclockwise and moves westward at
almost 1,200 kilometers (745 miles) per hour. Voyager 2 also noted
a smaller dark spot and a fast-moving cloud dubbed the “Scooter,”
as well as high-altitude clouds over the main hydrogen and helium
cloud deck. The highest wind speeds of any planet were observed,
up to 2,400 kilometers (1,500 miles) per hour.

Like the other giant planets, Neptune has a gaseous hydrogen
and helium upper layer over a liquid interior. The planet's core
contains a higher percentage of rock and metal than those of the
other gas giants. Neptune's distinctive blue appearance, like
Uranus' blue color, is due to atmospheric methane.

Neptune's magnetic field is tilted relative to the planet's
spin axis and is not centered at the core. This phenomenon is
similar to Uranus' magnetic field and suggests that the fields of
the two giants are being generated in an area above the cores,
where the pressure is so great that liquid hydrogen assumes the
electrical properties of a metal. Earth's magnetic field, on the
other hand, is produced by its spinning metallic core and is only
slightly tilted and offset relative to its center.

Voyager 2 also shed light on the mystery of Neptune's rings.
Observations from Earth indicated that there were arcs of material
in orbit around the giant planet. It was not clear how Neptune
could have arcs and how these could be kept from spreading out
into even, unclumped rings. Voyager 2 detected these arcs, but
they were, in fact, part of thin, complete rings. A number of
small moons could explain the arcs, but such bodies were not
spotted.

Astronomers had identified the Neptunian moons Triton in 1846
and Nereid in 1949. Voyager 2 found six more. One of the new moons
– Proteus — is actually larger than Nereid, but since Proteus
orbits close to Neptune, it was lost in the planet's glare for
observers on Earth.

Triton circles Neptune in a retrograde orbit in under six
days. Tidal forces on Triton are causing it to spiral slowly
towards the planet. In 10 to 100 million years (a short time in
astronomical terms), the moon will be so close that Neptunian
gravity will tear it apart, forming a spectacular ring to
accompany the planet's modest current rings.

Triton's landscape is as strange and unexpected as those of
Io and Miranda. The moon has more rock than its counterparts at
Saturn and Uranus. Triton's mantle is probably composed of water-
ice, but the moon's crust is a thin veneer of nitrogen and
methane. The moon shows two dramatically different types of
terrain: the so-called “cantaloupe” terrain and a receding ice
cap.

Dark streaks appear on the ice cap. These streaks are the
fallout from geyser-like volcanic vents that shoot nitrogen gas
and dark, fine-grained particles to heights of 2 to 8 kilometers
(1 to 5 miles). Triton's thin atmosphere, only 1/70,000th as thick
as Earth's, has winds that carry the dark particles and deposit
them as streaks on the ice cap — the coldest surface yet found in
the solar system (-235 degrees Celsius, -391 degrees Fahrenheit).
Triton might be more like Pluto than any other object spacecraft
have so far visited.

PLUTO

Pluto is the most distant of the planets, yet the
eccentricity of its orbit periodically carries it inside Neptune's
orbit, where it has been since 1979 and where it will remain until
March 1999. Pluto's orbit is also highly inclined — tilted 17
degrees to the orbital plane of the other planets.

Discovered in 1930, Pluto appears to be little more than a
celestial snowball. The planet's diameter is calculated to be
approximately 2,300 kilometers (1,430 miles), only two-thirds the
size of our Moon. Ground-based observations indicate that Pluto's
surface is covered with methane ice and that there is a thin
atmosphere that may freeze and fall to the surface as the planet
moves away from the Sun. Observations also show that Pluto's spin
axis is tipped by 122 degrees.

The planet has one known satellite, Charon, discovered in
1978. Charon's surface composition is different from Pluto's: the
moon appears to be covered with water-ice rather than methane ice.
Its orbit is gravitationally locked with Pluto, so both bodies
always keep the same hemisphere facing each other. Pluto's and
Charon's rotational period and Charon's period of revolution are
all 6.4 Earth days.

Although no spacecraft have ever visited Pluto, NASA is
currently exploring the possibility of such a mission.

COMETS

The outermost members of the solar system occasionally pay a
visit to the inner planets. As asteroids are the rocky and
metallic remnants of the formation of the solar system, comets are
the icy debris from that dim beginning and can survive only far
from the Sun. Most comet nuclei reside in the Oort Cloud, a loose
swarm of objects in a halo beyond the planets and reaching perhaps
halfway to the nearest star.

Comet nuclei orbit in this frozen abyss until they are
gravitationally perturbed into new orbits that carry them close to
the Sun. As a nucleus falls inside the orbits of the outer
planets, the volatile elements of which it is made gradually warm;
by the time the nucleus enters the region of the inner planets,
these volatile elements are boiling. The nucleus itself is
irregular and only a few miles across, and is made principally of
water-ice with carbon monoxide, carbon dioxide, methane and
ammonia — materials very similar to those composing the moons of
the giant planets.

As these materials boil off of the nucleus, they form a coma
or cloud-like “head” that can measure tens of thousands of
kilometers across. The coma grows as the comet gets closer to the
Sun. Solar charged particles push on gas molecules and the
pressure of sunlight pushes on the cloud of dust particles,
blowing them back like flags in the wind and giving rise to the
comet's “tails.” Gases and ions are blown directly back from the
nucleus, but dust particles are pushed more slowly. As the nucleus
continues in its orbit, the dust particles are left behind in a
curved arc.

Both the gas and dust tails are blown away from the Sun;
effect, the comet chases its tails as it recedes from the Sun. The
tails can reach 150 million kilometers (93 million miles) in
length, but the total amount of material contained in this
dramatic display would fit in an ordinary suitcase. Comets — from
the Latin cometa, meaning “long-haired” — are essentially dramatic
light shows.

いくつかの彗星は一度だけ太陽系を通過するが、
他の人は重力近いによって修正軌道をhavetheir
巨大な外惑星の一つとの出会い。 これらlatters
訪問者は、閉じた楕円軌道を入力して繰り返し戻ることができます
太陽系の内側に。

ハレー彗星は比較的の最も有名な例です。
一度76年の平均に戻っ短周期彗星、
と金星の軌道内に海王星を越えてから周回。 確認されました
彗星の目撃情報はに戻って240紀元前に、この定期的な訪問者を行きます
HEので私たちの太陽系は、サー·エドモンド·ハレーにちなんで命名されています
彗星の軌道をプロットし、そのリターンを予測に基づいて、
EARLIER目撃し、ニュートンの運動法則。 彼の名前になりました
天文伝承の一部1759年に、彗星がオンに戻されます、
スケジュール。 残念ながら、サー·エドモンドはそれを見るために住んでいません。

これに合格した場合は彗星は空に非常に顕著であることができます
地球に比較的近いです。 残念ながら、そのほとんどの最近の
外観、ハレー彗星にはより近い6240万を渡されていません
私たちの世界からキロ(3880万マイル)。 彗星がありました
特に南部での視聴者のために、肉眼で見えます
半球が、それは壮観ではありませんでした。 彗星はとてもhavebeen
明るい、まれに、彼らは昼間に見ることができたこと。
歴史的に、彗星の目撃は入浴前兆と解釈havebeen
そして芸術空の短剣としてレンダリングhavebeen。

いくつかの宇宙船は高速で彗星が飛行しています。
最初のアン1985年にNASAの国際彗星エクスプローラでした
二人の日本人5宇宙船の艦隊(2ソ連とジョット
欧州宇宙機関の探査機)ハレー彗星によって飛びました
1986年に追加の彗星ミッションがで検討されています
米国および海外。

結論

の広大な距離を越えてピアするための努力にもかかわらず、
隠蔽雰囲気を介して空間、過去の科学者たちは持っていました
彼らは、競合的研究ができる唯一の​​ワンピース - 地球。 しかし、1959年以来、
ソーラーシステムを介して宇宙飛行、私たちの上にベールを持ち上げHAS
空間の隣人。

私たちは、太陽系とそのメンバーについての詳細を学んできました
より誰もが年の前のあなたの砂浜で持っていました。 当社の自動化
宇宙船は月に、すべての惑星を超えても旅しました
冥王星を除いて私たちの世界。 彼らは小さいと大きい衛星を観察しています
平面は、彗星が飛行し、太陽の環境をサンプリング。
天文学の本は今、人狼体の詳細な画像が含まれます
唯一の生成のための最大の望遠鏡で汚れ。 私たちです
これらの奇妙で美しい場所を表示するには、今生きてラッキー
とオブジェクト。

太陽を介して私たちの旅から得られた知識
従来のシステムは、地質学のような地球科学を再定義しており、
気象学は、と呼ばれる全く新しい規律を生み出し
比較惑星学。 地球の地質学を研究することによって、
衛星、小惑星や彗星、と比較すると相違点と
類似点は、我々はの起源と歴史についての詳細を学んでいます
これらの機関全体として太陽系。

私たちは、地球の複雑な天候の洞察を獲得高値されています
システム。 天候が他の世界にとにより氷を形する方法見て
Sunの活動を調査し、全体にその影響
太陽光発電システムは、私たちはより良い気候条件を理解することができますし、
地球上のプロセス。

私たちは自動化されたとして学び、利益のために継続します
宇宙船は宇宙で私たちの近所を探検します。 それぞれのミッション
太陽系の体の種類は飛行中または中にあります
開発や研究。

We can also look forward to the time when humans will once
again set foot on an alien world. Although astronauts have not
been back to the Moon since December 1972, plans are being
formulated for our return to the lunar landscape and for the human
exploration of Mars and even the establishment of martian
outposts. One day, taking a holiday may mean spending a week at a
lunar base or a martian colony!

The solar system , 5.0 out of 5 based on 2 ratings
| 詳細
Betygsätt The solar system


関連学校プロジェクト
Nedanstående är skolarbeten som handlar om The solar system eller som på något sätt är relaterade med The solar system .

Kommentera The solar system

« | »